生活

時計の分解掃除は自分でできるの?頻度はどれぐらい?お店に出した方がいい?

投稿日:

時計はオーバーホールと言われるメンテナンスが必要です。

特に、汗や汚れが機械に付着してカビやホコリが故障の原因となりかねません。

ですから、3~4年に一度は掃除する事が望ましいとされています。

では、どのようにしてメンテナンスが出来るのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

時計の分解掃除は自分でできるの?

YOU TUBEなどで、ロレックスなど高級腕時計を分解・掃除する方法が見られます。

しかし、細かい作業ですしリスクも高い事は覚えておかなければなりません。

特に、ピンセットや工具がなければ、小さいネジを所定の場所にはめる事は出来ません。

また、細かい部分を見る専用の虫眼鏡(ルーペ)が必須です。

それらを揃える事が出来て、自信を持って分解・組み立てが出来るようであればトライしてみましょう。

ここでは、オーバーホールの大まかな流れを見ていきます。

①時計の裏蓋を外す

ネジタイプ・こじ開けタイプなど裏蓋を見て、タイプを見極めたら、道具を使ってユックリと開けましょう。

②内部を順番に取り外していきます。

この時に、順番や向きをしっかり覚えておきましょう。

取り外した部品はきちんを整頓して何のパーツかを覚えておかなければなりません。

③汚れやサビをキレイに取り除く

分解したパーツをチェックして、専用の油やタオルを使って洗浄していきます。

④パーツを元通りにしていきます

元通りに動けば出来上がりです。

スポンサーリンク

時計の分解掃除の頻度は?

取り扱い説明書には3~4年ごとにオーバーホールをするようにすすめられています。

しかし実際のところは、よほどの汚れがない限り、5~7年に一度でも問題がないようです。

そうなると、専門家に頼む事も負担が少なくなる事でしょう。

しかし以下のような場合では、3~4年ごとのオーバーホールが望ましいと言えるかもしれません。

■購入した専門店で3~4年ごとの定期点検が受けられる

専門店によっては、オーバーホールを5年以上しなかった場合など、修理が必要でも費用が高くなる場合があります。

定期的な点検が低価格で受けられる場合は、ぜひとも受けておきたいですね。

■数年しか経っていないのに、時間が狂っている

時計の正確さは非常に大切ですから、針や秒針など細かい所でもチェックして、狂いがあれば早めに見てもらいましょう。

■ダメージを受けた・防水でないのに水に浸かった

携帯電話と同じく、精密な機械が衝撃や水にさらされて壊れるケースはよくあります。

その場合は、出来るだけ早く見てもらいましょう。

時計の掃除は店でやってもらったほうがいいの?

前の項では自分で行うオーバーホールについて見ましたが、やはり専門家に頼む方がリスクが少ない事は言うまでもありません。

は、オーバーホールの予算や時間について最後に見ていきましょう。

■受け付けてくれない時計

アンティークのロレックスなど部品が日本では揃わないものでは、最初からオーバーホールを断られる可能性が高いようです。

また、中古のロレックスも購入時に修理や分解掃除についての保証を見ておかないと、いざ専門店に持って行って断られる可能性が高い事も覚えておきましょう。

■通常の価格

専門家に尋ねて修理してもらう事が確実な方法かもしれません。

しかし、身近に修理出来る専門家がいない場合では、郵送して修理・メンテナンスをお願い出来るサービスを選ぶ事も出来ます。

相場で、約1万円~8万円と幅があります。

その時計の種類や、年数によって価格が変わるようですから、無料の見積もりサービスがあれば、一度問い合わせる事が出来るかもしれませんね。

■時間

約1週間~2週間と言われています。

まとめ

いかがでしたか?

時計を長く愛用するためには、メンテナンスが欠かせません。

値段がかかるとは言え、リスクを考えるなら私はやはり、専門家にお願いする方が良いように思います。

時計ほど毎日使う機械は他になく、携帯電話のように数年で買い替える事もないわけですから、メンテナンスはシッカリとしておきましょう。

お疲れさまです。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

運動会のファッションで40代のままや男性はこんな感じでOK?

運動会は、パパ、ママ、子供立ちも楽しみにしているイベントですね。 学校行事だけど、きちんとしすぎているのもおかしいし、かと言ってラフすぎるのも・・周りのパパ、ママから浮くことがないようにするにはとコー …

高齢者が喜ぶ余興で老人会などのネタは?踊りとかはどんなものがいい?

敬老会での余興、皆さんはどんなものをイメージするでしょうか。 やはり、カラオケ大会や盆踊り、小さい子供たちとの触れ合いやゲームなど、皆が好きなことでわいわいと楽しめる内容が好まれます。 ここでは、敬老 …

腰のコルセットの洗い方は?ワイヤーが入ってるときはどうするの?【画像付き】

腰痛があると手放せないのがコルセットですよね。 コルセットは一日中つけていたりするので結構汚れたりしますよね。 コルセットって洗濯してますか? どのような手入れをすればいいのか、実際に家族の使っている …

お彼岸に祝い事してもいい?結婚式はあり?招待状を出してもいい?

スポンサーリンク お彼岸にお祝い事、特に結婚式をしてもよいのでしょうか。 若い世代にはお彼岸はなじみ薄い方も多く、 お彼岸のお参りはしないという家庭も多いのではないでしょうか。 そういうこともあって、 …

ふるさと納税の損益の分岐点でお得なのか、メリットのある年収はいくらなのかが見えてくる?

ふるさと納税をやってみようと考えている方、これは本当にお得なのか、それとも損なのか、気になりますよね。 寄付をして返礼品をもらえる、しかも住民税や所得税は控除される、何より応援している自治体やふるさと …