仕事

了解しましたと承知しましたとわかりましたの違いは?上司にはどれ使う?

投稿日:

了解しました、承知しました、わかりました。

これらは、ビジネスにおいてよく使われる言葉ですが、どのように使い分けるのが適切かわからないという人もいるかと思います。

ここでは、これらの言葉の違いと使い方について説明します。

スポンサーリンク

了解しましたと承知しましたの違いは?

「了解しました。」

この言葉には、内容を理解した、事柄について確認した、という意味があります。

「~しました。」とつけることで、丁寧語として使われるものです。

一方、同じ意味ではありますが、「承知しました。」という言葉があります。

この言葉には、事柄について承った、という意味があり、「承知」は「了解」の謙譲語になります。

いずれも、わかりました、という意味には変わりありませんが、この二つの言葉の違いは、丁寧語であるか、謙譲語であるか、ということです。

「了解しました。」が丁寧語、「承知しました。」が謙譲語です。

慣例的には、自分より下の立場の人に対しては「了解」という言葉が用いられることが多く、上司に対しては「承知」という言葉が良く使われます。

言葉の違いは上記のとおりですが、言葉の印象としては、「了解」は端的で事務的な印象を受け、「承知」はやや堅い印象を受ける人もいるでしょう。

ビジネスでのやり取りにおいては、前後のやり取りやお互いの関係性を踏まえて、それぞれの言葉の意味を踏まえた上で、適切に使い分けをしていきたいものですね。

スポンサーリンク

了解しましたと承知しましたとわかりましたはどれを使う?

さて、これらの言葉について、ビジネスシーンでは、それぞれどのように使い分けるとよいのでしょうか。

前述したように、「了解しました。」は丁寧語、「承知しました。」は謙譲語ですので、自分と同じか下の立場の人に対しては、「了解。」や「了解しました。」として使うことが適切でしょう。

一方、目上の人や上の役職の人、仕事上のお客さんに対しては、「承知しました。」としたほうが、よい印象を与えることができます。

女性であれば、「わかりました。」としても特に問題がないシーンが多いでしょうが、近年では、昔は男性ばかりの職種であったところにも女性が多く進出してきておりますので、ビジネス上の堅いシーンであれば、「承知しました。」と使用したほうがよい場合もあります。

社会的に、ビジネス的に、どういう立場かによって使い分けが必要になります。

言葉の意味をきちんと理解しておらず、慣用的に使われているから、という理由で使うことは避けたほうが無難です。

言葉の違いがよくわからない場合であれば、「わかりました。」としておいたほうが、良いでしょう。

了解しましたと承知しましたは上司にはどっち?

上司から何か指示を受けた場合、事柄について確認した場合には、謙譲語である「承知しました。」を使うとよいでしょう。

ただ、使い慣れないうちは、かなり違和感があるかと思います。

とはいえ、「わかりました。」では、言葉として選択してよいものかどうかも迷うところでしょう。

その場合には、「承知しました。」のかわりに、よりソフトな印象となる「承りました。」としてみてはいかがでしょうか。

実際に、上司の立場に立って考えたときに、「了解しました。」「承知しました。」「わかりました。」のそれぞれで受ける印象が違うかと思います。

どの言葉を使うかと考えたときに、ご自身が部下に使われても違和感がない言葉選びをするように心がけましょう。

言葉の意味としては、「了解しました。」を「了解いたしました。」とすることで、謙譲語の意味が加わりますので、「了解いたしました。」「承知しました。」のどちらでも構いませんが、「了解」「承知」の言葉だけで、上司に対しては「了解」は使うべきではない、と考える人も多くいるのが事実です。

周囲の人がどのように使い分けているのかも参考にしてみましょう。

まとめ

上司や目上の人に対しては「承知しました。」とし、自分と同等や目下の立場の人に対しては「了解しました。」を用いたほうが、慣例的にも無難です。

スポンサーリンク

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

退職を病気のためにすることをメールするのにどんな文例がある?

縁あって入社して懸命に働いてきたのに、病に打ち勝つことが困難でやむを得ず退職を決意した人も多いと思います。 いつか復帰をする日のために治療や療養を重ねてきたけれど、会社に出向くことさえ難しいときはどう …

退職が病気の場合は診断書が必要?どうやって伝えて、手続きはどうすればいい?

近年、病気による退職が増加していると聞きます。 景気低迷により、会社側も採用する社員を確保できず、現在の社員で増える業務をこなさなければならない状況です。 それによって肉体的にも精神的にも追い込まれ、 …

インフルエンザは会社を休まないといけない?有給は使える?

全身に渡る倦怠感・38度以上の高熱・つらい咳やくしゃみなどインフルエンザは学生や就業者にとって大きな影響を与えますね。 体調管理は万全にしているつもりでも、疲れた時や家族の間でインフルエンザや風邪のウ …

パソコンの電源が入らない時はどうしたらいい?放電するといいって聞いたけどどうやるの?データはどうなるの?

パソコンを使おうと思ったら、今まではなんともなかったのに、突然電源さえ入らない、画面が真っ暗のままといった経験はありませんか? これにはいくつかの原因がありますが、もしかしたら「放電」という作業を行う …

交通機関を履歴書への書き方で電車の場合や徒歩の場合はどうやって書けばいい?

あまりめだちませんが、履歴書には通勤時間という欄があります。 職場までの使用する交通機関と所用時間を書く欄です。 「たぶんこれくらいの時間かな?」「この電車で行くだろう」と何気なく書いていることが多い …