冠婚葬祭

通夜見舞の金額の相場は?香典とは違うの?

投稿日:

皆さん、通夜見舞いをご存知ですか?

通夜見舞いとは香典とは違い、お通夜のときに亡くなられた方の遺族への差し入れや、故人の闘病中にできなかった見舞いとしてお渡しするもので、現金や菓子折りなどが多く届けられています。

地域によっては通夜見舞いの習慣もないところがあるので、聞きなれない方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、いざ準備しないといけないとなると、どのくらいの金額で用意すればいいのか、香典も渡すつもりだけど通夜見舞いも必要なのかなど、気になる点はいくつか出てきますよね。

今回はその通夜見舞いの相場や金額についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

通夜 見舞い 金額

通夜見舞いで現金をお渡しする場合、どれくらいの金額を包めばいいのでしょうか?

あまりに高額だと遺族の方々も遠慮してしまい負担になりますが、少なすぎても失礼にあたる場合があります。

差し入れとして使い切れる金額で、なおかつ故人と遺族の方々へのささやかな思いをお渡しするのが適切なので、ここでは1,000円~3,000円ほどが妥当といえるでしょう。

現金ではなく菓子折りやジュースなどをお渡しする場合も、現金と同様に1,000円~3,000円ほどのものを購入し持参しましょう。

また、お菓子など食べ物を持参する場合は、賞味期限の短い生菓子や多すぎる分量を持参するのは控えましょう。

そもそも通夜見舞いの習慣のない地域もありますので、事前に確認した上で、適切なものを持参するようにしてくださいね^^

スポンサーリンク

通夜 見舞い 相場

通夜見舞いの相場としては、先ほどお話した通り、1,000円~3,000円です。

香典と同じく新札で渡すのは控えているところが多く、あくまでお通夜やお葬式は「急な不幸ごと」なので、新札でなくてもOKです。

だからと言ってクシャクシャなお札でもいいの?とか、たまたま新札しか持っていなかった!とか、さまざまなご事情があるかと思います^^;

実際そこまで気にする必要はないと思いますよ。

新札は失礼かも・・・と思ったら、一度折り曲げてから包むという方法もありますから^^

ちなみに香典とは別で準備しますので、封筒の表書きには「通夜見舞い」と記載しておきましょう。

お菓子をお渡しする場合も、通夜見舞いののしを付けてもいいですし、「こちらは通夜見舞いですから、皆さんでどうぞお召し上がりください」と必ず一言添えてお渡ししてくださいね。

通夜 見舞い 香典

前項でチラリと申しましたが、通夜見舞いと香典は別物となります。

故人との関係性にもよりますが、故人の生前にお見舞いに行かれた方であれば香典のみを、お見舞いに行けなかった方は通夜見舞いと香典をお渡しするケースが多いようです。

もちろん、通夜見舞いの習慣がない地域では通夜見舞いの必要はないかもしれませんが、そこは前もって確認しておいてくださいね。

そもそも香典とは、故人への香料としてお供えするもので、故人との関係性にもよりますが、相場も5,000円~10,000円となっています。

通夜見舞いと香典ではそれぞれ意味合いも金額の相場も違ってきます。

それらをしっかり理解した上で、故人へ、そして遺族への気持ちを込めてお渡ししてくださいね。

まとめ

通夜見舞いについて、金額の相場や香典との違いを中心にお話してまいりました。

急な不幸ごとで悲しく感じると思いますが、故人と遺族への気持ちをしっかり伝えられるように準備してみてはいかがでしょうか。

通夜見舞いや香典を準備する方々の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

嫁ぎ先のお盆のお供えはいつまでに、何がいいの?のしの表書きの書き方は?

結婚して最初に迎えるお盆ですね。 旦那さんの実家に、何らかの事情で帰省できない場合でも、慣習となっているお盆のお供え物をどうすればよいのかお悩みのことと思います。 これから、お供え物を送るとすればいつ …

お供えののしの色ってお盆や法事で違うの?のしの色について詳しく解説!

お供えののしの色って色々ありますよね。 あなたは、のし紙を使う意味とか、お供え物に使う水引はどの色にすればよいのか、よく分かっていないのではないでしょうか? お盆や法事などのお供え物に使うのしの色って …

通夜見舞の菓子はのしをつけるの?どうやって渡すの?

お世話になった方や知人がお亡くなりになった際、悲しい気持ちでいっぱいになりますが、香典や喪服などお参りするにあたって必要なものも意外とたくさんあり、急な不幸ごとではありますが準備しなくてはいけません。 …

初盆のお参りの時の服装で女性の場合と男性の場合は?

 故人が亡くなってから四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことを初盆(または新盆)と言います。  初盆は通常のお盆とは若干しきたりなどが異なることがあり、より丁寧に供養します。  では、初盆の際の服装は …

弔電の宛名を喪主以外にするときや家族にするときの敬称は?

訃報の連絡は突然です。 そのため、仕事の都合などでお通夜や葬儀に参列できない場合があります。 そんなとき行いたいのが、弔電を送ることです。 突然の訃報のため、どうやって弔電を送ればいいか、宛先や宛名は …