冠婚葬祭

カタログギフトの期限はどれぐらい?はがきの期限切れや紛失したときの対応の仕方は?

投稿日:

どなたでも一度はカタログギフトをいただいたことはあるのではないでしょうか。

最近では、結婚式の引き出物、出産内祝いなどの慶事、葬儀、法事の香典返しなど、幅広い用途でカタログギフトが使われています。

カタログなのでかさばらなくて持ち運びが楽、ギフトを贈る側の趣味に左右されることなく、贈られる側の好みのものを選んでいただけるからとカタログギフトを利用することが増えています。

贈る側も贈られる側にとっても便利なカタログギフトですが、木をつけておかなければいけないことがあります。

それが有効期限なのです。

期限切れになってしまったり、申し込み用はがきを紛失してしまったりしたときはどうするのがいいのでしょうか?

ちょっと人には聞きづらいことですね。

そんなカタログギフトの注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

カタログギフトの期限はどれぐらい?

カタログギフトには、カタログに有効期限が記載されています。

忘れないように、カタログの表と裏にしっかりと書かれていることが多いです。

それでもついうっかり申し込むのを忘れていて、有効期限が過ぎてしまっていたなんてことがあるのです。

カタログギフトの有効期限はどれくらいなんでしょうか?

カタログによって異なりますが、多くの場合は1年となっています。

なかには6か月というものもあります。

またギフトの中に、季節のフルーツなどは有効期限内でもすでに受け付け期間が過ぎてしまうこともあるので注意して下さい。

カタログギフトをいただいたときは、まずは有効期限を確認しておきましょう。

カタログギフトのはがきが期限切れになった時の対処の仕方は?

カタログギフトの規約の中に、「申し込み期間が過ぎてしまったものは、全ての権利が無効になる」ということが記載されています。

つまり、有効期限が過ぎてしまったものでは申し込みができないということなのです。

しかし、贈る側はすでにギフト分の代金を支払っているのにもらうことができないなんて、おかしいんじゃないの?と疑問に思われる方もいると思います。

このカタログギフトの有効期限については、2010年制定された資金決済法という法律に基づいて決められているからなのです。

ギフトの申し込み用はがきには、きちんとカタログの番号が記載されています。

つまり、プリペイドカードなどと同じ扱いになるのです。

そのため、期限が過ぎてしまったものは受け付けることができないのです。

しかし実際のところ、期限切れのはがきを送ってみても商品が届くことも少なくありません。

贈られた側がうっかり忘れていたことが原因でも、申し込みはがきを送ったのに何も届かなかったとなるとクレームにもつながりやすいからなのです。

そのため、申し込み期限が過ぎていても、商品が届くことがあるのです。

もしカタログギフトの有効期限が切れていても、一度業者に問い合わせてみるのがいいです。

スポンサーリンク

カタログギフトのハガキ紛失してしまったら?

せっかくカタログギフトをいただいたのに、はがきを紛失してしまったら、もう申し込むことができないのでしょうか?

そんなことはありません。

まずはカタログギフトのメーカーに問い合わせてみて下さい。

贈り主やいただいた日付などが分かっていたら、対応してもらえます。

でも、カタログギフトは商品券と同じものです。

基本的にはなくしてしまったら、再発行は難しいと思っていたほうがベターです。

カタログギフトは、カタログと申し込み用はがきで1セットと頭の中に入れておいて下さい。

どちらかを紛失してしまったら、使うことができないものを思っていたほうがいいです。

商品が届くまで、カタログも保管しておいて下さい。

まとめ

カタログギフトには有効期限があります。

タンスの奥などに入れたまま忘れていることも少なくはありません。

期限切れになってしまったら、「もったいないからなんとかならないかしら」と思いますよね。

取りあえず、ダメ元で問い合わせてみて下さい。

場合によれば、対応してくれることもあります。

しかし、原則は「期限が過ぎると無効になってしまう」ものです。

カタログギフトをもらったときは、忘れないうちに申し込みを済ませて下さいね。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

喪中はがきの文例。義父が亡くなった場合夫婦連名で出す場合の続柄は何がいい?

スポンサーリンク 親族がお亡くなりになられたこと、心よりお悔やみ申し上げますが、年賀状を出すシーズンに準備が必要なのは、喪中はがきですよね。 もし、お亡くなりになったのが義父にあたる関係の方だった場合 …

初盆の提灯はすぐに処分するの?使いまわしてもいい?いつまで(翌年など)飾るの?

家族が他界して初めて迎えるお盆、初盆では、白提灯を用意します。 提灯は、無くなった方を迎えるための迎え火としての意味があり、故人の霊はこの提灯の灯りを頼りに戻ってくると考えられています。 ここでは、初 …

結婚式の時のストールのおしゃれな巻き方で後ろに結ぶやり方はコレ!

スポンサーリンク 結婚式に呼ばれたとき、さりげなく露出を抑えて上品な印象を与えてくれるストールは、女性にとってマストアイテムですよね。 でも、ストールをただ肩にかけているだけのワンパターンになりがちで …

花嫁の手紙で晩婚の場合の例文は?書きだしや締めはどうすればいい?

最近では結婚適齢期が遅くなり、晩婚化が進んでいますが、そんななか結婚式をする際に花嫁の手紙を読むかどうか、お悩みの新婦さんも多いかと思います。 年も年だから、花嫁の手紙を読むのは恥ずかしいかな・・・と …

結婚式のプチギフトを手作りしたときのランキングは?お菓子を作る時の注意点は?

結婚式が終わりお見送りの際、プチギフトをお渡しする方が増えていますが、どんなものを渡せばいいのでしょうか? 相場としては1,000円以内で、市販のお菓子や小物が定番となっていますが、手作りで渡す方も増 …