冠婚葬祭

喪中はがきは年末に亡くなった場合どうする?書き方や例文は?

投稿日:2015年10月2日 更新日:

motyuuhagaki nennmatu
年末にご家族のご不幸があった方は、

葬儀の準備の他にも、年の瀬の忙しさも相まって

心の整理がつく前に様々な課題が出てきて忙しいですね。

なかでも年末ということもあって、悩みどころなのが喪中はがき。

年末にバタバタ出していいものか、考えてしまいますね。

スポンサーリンク

喪中はがきは年末に亡くなった場合どうする?

通常、喪中はがきを出すのは11月中旬から12月15日までとされてます。
12月15日に間に合うように出せるのあればそれでもいいのですが
年末に不幸があった場合、そうはいきませんね。

年賀状の準備をされるのが早い方だと、12月中旬を過ぎたら、
もう郵便に出してしまったという方もいらっしゃり、
その時期に喪中はがきを出すと、余計な気を遣わせてしまうことになります。

喪中はがきは「年賀欠礼」であり、
「喪に服しているので、こちらからの新年のご挨拶を辞退します」という
意味合いが込められています。

ですから、「相手からの年賀状は受け取れません」という
意味合いにはならないので、年賀状を受け取ったからといって
それがいけないことだというわけではありません。

喪中はがきを12月中旬までに出せなかったという場合は
無理に年内に喪中はがきを出そうとはせずに、
年明けの1月7日以降に寒中見舞いとして出すのが良いでしょう。
7日の松の内あけから、立春前の2月3日までに出しましょう。

喪中で寒中見舞いを送付するパターンは、
年末に不幸があったため喪中はがきを出すことができなかった場合と、
喪中はがきを送付しなかった相手から
年賀状を受け取った場合と捉えておきましょう。

上記を踏まえて、年賀状を受け取った方も含めて寒中見舞いを送付します。
寒中見舞い、喪中はがきを送る対象は以下の通りです。

・自分のプライベート、ビジネス上での知人と友人

・自分が去年まで年賀状のやりとりをした人

・故人の知人や友人(自分が喪主の場合)

・故人が毎年年賀状をやり取りしていた人

・式には参列していないが、故人が亡くなったことを
お知らせしておいたほうが良い人

・故人が亡くなったことを知らせる前に年賀状を受け取ってしまった人

基本的には親戚は内情を知っている人が多いので、
喪中はがきや寒中見舞いは出しませんが、
式に参列しなかった親戚には出したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

喪中はがきの書き方や例文は?

喪中はがきとして出すのが間に合いそうな場合と
寒中見舞いとして出す場合の2種類の例文です。

<年末に喪中はがきとして出す場合>
本年も残すところ僅かとなりましたが
皆様にはお元気にお過ごしかと存じます
私どもでは平成〇年〇月〇日に○○が〇歳にて他界いたしました
誠に恐れ入りますが服喪中でございますので
新年のご挨拶を控えさせていただきます
皆様のご多幸をお祈り申し上げます

<寒中見舞いとして出す場合>
寒中お見舞い申し上げます
昨年十二月に○○が他界いたしまして
私ども服喪中でございましたために年賀の挨拶を失礼いたしました
寒さいよいよ厳しさを増す折柄 みなさまお体に気を付けてお過ごしください

年賀状を受け取った方への寒中見舞いの場合は
「このたびは年賀状を頂戴いたしましてありがとうございました」と
付け加えるのも良いでしょう。

故人の名前の前に続柄を書いて、自分との関係性が
はっきりわかるようにしましょう。

最近では読みやすさを優先して、句読点を付ける場合もありますが、
厳粛で儀礼的な手紙の場合、句読点を省略するのが一般的です。

義父が亡くなったときの書き方や文例集はこちらで書いていますので参考にしてみてくださいね。

喪中はがきの文例。義父が亡くなった場合夫婦連名で出す場合の続柄は何がいい?

まとめ

喪中はがきや寒中見舞いには、新年の挨拶を辞退するという

役割もありますが、故人の死を知らない方々への

お知らせをするという大事な役割も兼ねています。

私たちの知らない故人の知り合いからの年賀状などを目にすると

「生前、こんなにお世話になった方もいて

こんなに人から思われていたんだなあ」としみじみ感じることでしょう。

故人をしのびながら、寒中見舞いを作成しましょう。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

結婚式の電報の送り方のマナーやポイントに注意して!

親しい友人から結婚式に招待されたにも関わらず、急な用事や外せない仕事が入ってしまって、どうしても当日参加できなくなった・・・。 スポンサーリンク という悲しい経験をされた方も少なくないはず。 または、 …

初盆の祭壇の飾り方に決まりはある?花やお供えはどんなものを飾るの?

初盆とは、四十九日が明けてから初めて迎える盆のことを言います。 初盆には、身内や親しい方を招いて、僧侶による法要を行ったあと、会食などをして、盛大に供養することが多いです。 そのため、仏壇とは別に盆棚 …

花嫁の手紙で晩婚の場合の例文は?書きだしや締めはどうすればいい?

最近では結婚適齢期が遅くなり、晩婚化が進んでいますが、そんななか結婚式をする際に花嫁の手紙を読むかどうか、お悩みの新婦さんも多いかと思います。 年も年だから、花嫁の手紙を読むのは恥ずかしいかな・・・と …

初盆の提灯はすぐに処分するの?使いまわしてもいい?いつまで(翌年など)飾るの?

家族が他界して初めて迎えるお盆、初盆では、白提灯を用意します。 提灯は、無くなった方を迎えるための迎え火としての意味があり、故人の霊はこの提灯の灯りを頼りに戻ってくると考えられています。 ここでは、初 …

結婚式の電報の宛名の書き方!それで大丈夫?

親しき人の結婚式に招待されたけれど、やむを得ない理由で出席出来ない場合など、多くは祝電という方法で友を祝福します。 スポンサーリンク しかし、普段手紙を書く事も少なくなり、何をどう書いて良いのか迷うか …