仕事

パソコンの電源が入らない時はどうしたらいい?放電するといいって聞いたけどどうやるの?データはどうなるの?

投稿日:

パソコンを使おうと思ったら、今まではなんともなかったのに、突然電源さえ入らない、画面が真っ暗のままといった経験はありませんか?

これにはいくつかの原因がありますが、もしかしたら「放電」という作業を行うと直るかもしれません。

慌てて修理に出す前に一度「放電」をしてみて下さい。

そんな放電の方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

パソコンの電源が入らないときは?

「電源を入れようと思って、電源ボタンを押しても画面に何も映らない。真っ暗なまま」といったパソコンの故障は比較的多い症状です。

この症状の原因の多くは、部品の故障、基盤かディスプレイの不具合によるものがほとんどです。

メーカーに修理に出すと、軽く3万円を超える修理代になってしまうことがほとんどです。

ところが、電源が入らない原因に、パソコンに電気が溜まってしまい起動しないということもあるのです。

これは、「放電」という作業を行うと簡単に復活します。

この放電は、電源が入らない原因がわからない状態のときに行っても、全く問題のない作業なので、修理に出す前に一度試してみて下さい。

なお、放電してもダメな場合は、部品の不具合による可能性が高いので、修理に出す必要があります。

スポンサーリンク

パソコンの電源が入らない時の放電の仕方は?

必ずしなければならないというわけではありませんが、まずは自分の体の静電気を外に逃がしましょう。

電気を通すもの、金属や木でできたもの、壁紙などに2秒ほど両手で触れ続け、自分の体の外に電気を逃がします。

それから放電の作業に入ります。

まずはデスクトップパソコンの場合です。

①電源ケーブルなど、パソコンに入れてある全てのケーブルを外します。

②①の状態で、いつも電源を入れるようにポチっと短く電源ボタンを10回ほど押します。

③10回ほど押した後、1回だけ電源ボタンを10秒ほど長押しをします。

④③の後、1分程度何もせず放置します。

⑤電源ケーブル、キーボード、マウスのみ差し直して、電源が入るかどうか確認します。

つぎにノートパソコンの場合です。

ノートパソコンの場合は、充電バッテリーが取り外せるかどうかで対応が違います。

充電バッテリーが取り外せる場合は、

①電源ケーブルなど、パソコンにささっている全てのケーブルを外します。

②パソコンの裏にある充電バッテリーを外します。
 充電バッテリーの場所がわからない、外せない場合は別の方法で放電します。

③1回だけ、電源ボタンを10秒ほど長押しをします。

④そのまま1分ほど放置します。

⑤電源ケーブルだけを差し直しして、電源が入るかどうか確認します。

充電バッテリーが外せない場合は、

①電源ケーブルなど、パソコンにささっている全てのケーブルを外します。

②そのまま2分ほど放置します。

③電源ケーブルだけを差し直しして、電源が入るかどうか確認します。

これだけの作業で放電できます。

パソコンの電源が入らない時にデータはどうやって取り出す?

パソコンの電源が入らないだけで、HGDDには問題がないので、これらをパソコンから取り出して別のパソコンにつなげばデータを取り出すことができます。

このときにはHDD⇔USB変換ケーブルが必要になります。

取り出したHDDに変換ケーブルを接続し、別のパソコンにUSBを接続します。

そうすると、外付けHDDのような状態でデータを取り出すことができます。

しかし、作業は自己責任をとなってしまうので、データ復旧に不安がある場合は業者に「依頼したほうがいいでしょう。

【  ここから本文をお書きください(この行は削除して結構です)
電源が入らないとデータはどうなってしまうのか。データーを取り出す方法は  】

まとめ

「パソコンの電源が入らない」・・・そんなときは慌てず、放電の作業を試してみて下さい。

放電して、パソコンが無事に起動するようになれば問題はありません。

起動できてもたびたび同じ症状が出るようであれば、一度メーカーに見てもらったほうがいいと思います。

また、放電をしても起動しない場合は、自分で修理するのは難しく、修理費も数万円かかることが多いです。

修理だけではなく、買い替えの検討も必要かと思います。

スポンサーリンク

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

了解しましたは失礼なの?お客様に使えない?言い換えるとなんて言えばいい?

「了解しました」という表現は、いろんな場面で日常的に使っている言葉ではないかと思います。 敬語としては、問題のない言い回しをですが、実はビジネスマナーとしてはあまりいい表現ではないとされています。 で …

履歴書でバイトの職歴に掛け持ちの場合の書き方は?短期のものも書くの?

学生の場合、たくさんのバイト経験のあることも少なくありません。 さらにバイトの掛け持ちということもあります。 正社員として働いていてもダブルワークという場合もあります。 そんなバイト経験を履歴書に書く …

ビジネスメールで受領と拝受、受け取りましたはどれ使うの?査収はいつ使う?

ビジネスにおいては、メールに資料を添付することが多々あります。 簡易な資料のやり取りのほかに、確認のため正式文書の写しを送付したり、問い合わせ内容を文書して提出したり、やりとりの内容は様々ですが、受け …

履歴書の写真でシャツのみやネクタイなしでも大丈夫?ジャケットが要る時はどんな時?

履歴書の写真の服装は悩みますね。 夏場は暑さ対策のクールビズのため、スーツなし、ノーネクタイの服装を推奨している企業も多いです。 就職活動用の履歴書の写真にも季節があるのでしょうか? それとも必ずスー …

ご教授くださいとご教示くださいの違いと正しい使い方は?目上の人にはどっち?

ビジネスシーンにおいて、見かけることのある言葉に、「ご教授」「ご教示」という言葉があります。 似たような言葉ですが、この二つの言葉の意味には違いがあります。 ここでは、「ご教授ください。」「ご教示くだ …