冠婚葬祭

結婚式に友人のスピーチを頼まれた!エピソードについてタブーなのは?

投稿日:2015年7月4日 更新日:

kekkonnshikisupeech-tanomareta-tabu-

 結婚式で、友人のスピーチと言えば、今でも定番ですね。
 結婚式を盛り上げる役割でもあり、新郎の友人なら新婦の、
 その逆なら新郎のことを知らない人たちに対して、
 新郎新婦のことを紹介する、大切な役割。
 なんて素敵な二人だろう、と思ってもらえるようなスピーチにするには、
 どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

結婚式に友人のスピーチを頼まれた

 あなたがある日、友人にスピーチを頼まれます。
 ずっと仲良くて、本人のことをよくわかっている友人として選んでくれたのですから、
 その気持ちにこたえるようなスピーチをしたい。
 そうは思うものの、人前で話すことに慣れていないと、なかなか難しいものですね。

 どういう風に話せばいいんだろう?
 他の人たちは楽しく聞いてくれるんだろうか。
 面白おかしくすればいいのか、それともしっとりと仕上げればいいのか。

 なんといっても、本人たちにとっては最大の人生の晴れ舞台。
 二人のステキな友人であるあなたとしては、自分のスピーチで、
 新しい生活の一日目を最高に彩ってあげたい。

 色々考えてしまうと、ハードルはとっても高い気がしてきます。
 失敗したくなくて、いろんなサイトを検索したり、
 スピーチ本を覗きこんでは文例を食べるように読み漁りたくなったりしますね。

 でも、ちょっと待って。
 本人たちが期待しているのは、マニュアル通りのスピーチなのでしょうか?

結婚式のスピーチでエピソードについてどこまで話す?

 あなたが友人代表として選ばれたのは、なぜでしょう。
 本人たちは、あなたに何を期待しているのでしょう。

 あなたに話してほしいエピソード、あるのではないでしょうか?

 新郎の若いころの武勇伝を知りませんか。
 彼らが付き合う前の新婦の可愛い努力を、あなたが支えてきたのではないですか。
 二人が今日のこの日を迎えたのは、あなたがずっと見守ってきたからではありませんか。

 二人にとってのあなたは、そういう存在なのです。
 きっと、あなたにしか語れない二人の歴史があるはず。
 だから、結婚式と言う晴れ舞台でのサポートを、あなたにお願いしたのです。

 もし、時間に余裕があるなら、本人たちに直接聞いてみてください。
 その際には、エピソードについてどこまで話せばいいのかも確認してください。
 いくらあなたがいろんな事を知っているとはいえ、
 あなたには知られても平気でも、みんなの前で話されるのは恥ずかしい、
 という話だってあるはず。
 前もって打ち合わせておきましょう。

スポンサーリンク

結婚式のスピーチで友人としてタブーなのは?

 新郎新婦が話してほしくない、と思うこと以外に、どんなタブーがあるでしょう。

 ・本人たち同士以外の恋愛経験
 新郎新婦にとって、相手が人生で最良唯一の相手。
 それ以外の恋愛話なんて、嬉しいものではありませんね。
 たとえどんなに凄い相手から惚れられたエピソードがあっても、
 この場にふさわしくありません。
 参列者にとっても、聴きたいお話ではありません。

 ・別れを連想する言葉
 「切れる」「壊れる」「嫌う」「終わる」など、ネガティブな言葉。
 一生を寄り添うと決めた二人には、ふさわしくありませんからね。

 ・繰り返しを連想する言葉
 「たびたび」「重ね重ね」「またしても」など。
 結婚式が繰り返されるとよくない、という意味ですが
、最近はあまり気にされない傾向です。
 年配の人が多い席では気をつけましょう。

 ・新郎新婦の年齢について
 「高齢」を連想させることだけではなく、「若い」というのも避けましょう。
 「若さ」は必ず失われるものですから。
 それ以外に、本人が持つ魅力があるはずです。

 ・子どもを期待
 昨今、子どもが欲しい夫婦ばかりではありません。
 またこればかりは、二人がどれだけ望んでも必ず手に入る、というものでもありません。
 特に女性側には、重いプレッシャーになることもあります。

まとめ

 スピーチで何より伝えたいのは、二人への祝福。
 難しい美辞麗句で語る必要はありません。
 あなたの言葉で、お祝いをしてあげましょう。
 参列者の皆さんにその気持ちが伝わり、
 二人の幸せな将来を祈りたくなるようなスピーチをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初盆の祭壇の飾り方で浄土真宗と曹洞宗では違いがあるの?

「初盆」という言葉をご存知ですか? 故人が亡くなられて四十九日を経過後、初めて迎えるお盆のことです。 「新盆」と呼ぶこともあり、仏壇があるご家庭ならご存知かもしれません。 私の家にも仏壇はありますが、 …

結婚式のプロフィールムービーの構成のコツは長さがどれぐらいなら喜んでもらえる?

結婚式のさまざまな演出・・・「あれもしたい、これもしたい!!」とお悩み中の花嫁さんは多いと思います^^ そんな中で、たくさんの方が取り組まれている演出が「プロフィールムービー」ではないでしょうか? 自 …

喪中はがきは年末に亡くなった場合どうする?書き方や例文は?

年末にご家族のご不幸があった方は、 スポンサーリンク 葬儀の準備の他にも、年の瀬の忙しさも相まって 心の整理がつく前に様々な課題が出てきて忙しいですね。 なかでも年末ということもあって、悩みどころなの …

お盆のお供えのお膳の並べ方といつまで用意すればいいの?

お盆は、ご先祖様の魂があの世からこの世へ帰ってきます。 お盆には、帰ってきたご先祖の魂をおもてなしをするために、ご先祖様に「お膳」をお供えする習慣があります。 お供えする「お膳」の並べ方や献立について …

結婚式の電報の宛名の書き方!それで大丈夫?

親しき人の結婚式に招待されたけれど、やむを得ない理由で出席出来ない場合など、多くは祝電という方法で友を祝福します。 スポンサーリンク しかし、普段手紙を書く事も少なくなり、何をどう書いて良いのか迷うか …