生活

カシミヤの洗濯して失敗しない方法は?縮まないコツはあるの?

投稿日:

kasimiya
寒い季節、カシミヤのセーターを着てあったかく過ごしたいですよね。

しかし、このカシミヤを洗濯するとなれば、自宅で洗濯できるのか、クリーニングに出すしかないのか、高価なカシミヤだからなおさら悩むもの。

そこで、今回はカシミヤの洗濯方法を中心にお話していきましょう!

スポンサーリンク

カシミヤの洗濯の仕方は?

カシミヤの洗濯方法を早速ご紹介していきましょう。

まず、洗濯機を使うかどうかについてですが・・・結論から言うと、洗濯機の使用はできるだけ避けてください!

洗濯表示のタグを確認してみてください。

ドライクリーニングの表示が多いかもしれませんが、何度もドライクリーニングをし続けると、風合いを起こしかねませんので、なるべく避けるようにしましょう。

手洗いコースの内蔵されているものであれば、ネットに入れて洗濯することもできると思います。

では、手洗いをするにはどうすればいいのでしょうか。

まず、衣類をひっくり返し、たたんで洗濯ネットに入れてください。

次に、エマール、アクロンなどといったオシャレ着用の洗濯洗剤を、30度前後のぬるま湯に溶かしてください。

その後、ネットに入れたカシミヤをぬるま湯の中に15分程度つけ置きしましょう。

あまり動かさないようにして、つけたあとはサッと押し洗いしてください。

そして、すすぎに入ります。

最後の仕上げに柔軟剤をお好みで入れてもいいですね。

脱水に関しては、洗濯機で行ってもOKです。

1分ほど脱水したら、日陰に平干ししましょう。

ポイントとしては、こすったりもんだりして洗わないこと、他の衣類と併せて洗わないこと、乾燥機にかけないことです。

これらに注意して手洗いしてくださいね。

カシミヤを洗濯して失敗しない?

カシミヤを洗濯して失敗することもあると思います。

誤って乾燥機にかけてしまうと一発で縮んでしまいます・・・。

カシミヤは熱風に弱く、硬くごわごわしてフエルトのように毛羽立ってしまうこともあります。

縮むだけではありません。

洗濯ネットに入れずに洗ったり干すときにハンガーにかけて干したりすると、伸びてしまうことも。

必ず洗濯ネットにたたんで入れて洗い、干すときは平干しにしましょう。

スポンサーリンク

カシミヤを洗濯すると縮んでしまう?

それでは何故カシミヤは洗濯すると縮むのでしょうか?

洗濯をするというと、水を使いますよね。

その水を含むことによって繊維の毛が1本1本開き、その上ごしごし洗ったり他の衣類との摩擦によって縮むと言われています。

さらにこの摩擦は、温度が高ければ高いほど強くなるため、乾燥機などの熱風によって縮むことが言われています。

要するに、摩擦を起こしてしまうと縮むということですね。

逆に言うと、人間の体温以上の温度で洗ったり乾燥させたりしないこと、他の衣類と一緒に洗わないこと、ごしごしこすって洗わないこと、

これらについて気をつけていれば縮まないということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カシミヤを自宅で洗濯することは可能ですが、洗濯を重ね重ね行うとどうしても毛羽立ってしまったり伸びたり縮んだりしてしまいますよね。

気になるときはクリーニングに出したり、連続して着用せず、衣類を休ませてあげることも大切かもしれません。

是非ご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クリスマスツリーのオーナメントの飾り方や数は決まってる?手作りでもできる?

クリスマスシーズンが近づくと、あちこちが一気に華やかになってきて、気分もウキウキ。 ショーウインドウや、お店の飾りを見ると、とてもステキ! でも、どうやったら上手に飾れるんだろう? スポンサーリンク …

クリスマスのメッセージをメールするならいつ送る?一言はどうする?

クリスマスに仕事で会えない。遠くて行けない。 スポンサーリンク というカップルや、友達にメールでクリスマスのメッセージを送るのはどうなのでしょうか? また、お仕事でお世話になっている方や、両親にはどう …

ブーツの中が臭い時の対策!!速攻で臭い匂いを消す手入れ方法はこちら!

温かいブーツは冬場に必要不可欠なアイテムですね。 でも、一日履いた後にブーツの臭いが気になる事はありませんか? スポンサーリンク 実は、保温効果の高いブーツは湿度が大好きな細菌の温床になりやすく、それ …

ブーツキーパーの作り方で簡単な方法は?消臭や乾燥効果もあるのは?

スポンサーリンク 秋冬のファッションに欠かせないブーツ。 玄関に置いておくとき、しっかり臭いもとって 形が崩れないように置いておくのにブーツキーパーは大変重宝しますね。 でも市販のブーツキーパーは手持 …

タイツの毛玉の取り方よつかいないような洗濯の仕方は?防止する方法は?

女性なら、ファッションの定番または必需品といえる「タイツ」。 今はさまざまなカラーやデザイン、素材でおしゃれが楽しめるようになりました。 でもその反面、「毛玉」ができてしまうという欠点もあるのです。 …