生活

白スニーカーを洗濯したら黄ばみが出た!酢を使ってキレイに落とす方法

投稿日:2016年12月12日 更新日:

suni-ka
真っ白なスニーカー、オシャレですよね。

白い物を着たり履いたりするときに、一番気になるのが汚れ。

気を付けて使っていてもどうしても汚れてしまいますよね。

では汚れてしまったとき、どうすればいいのでしょうか。

綺麗に落とす方法があれば、知りたいですよね!

今回は、白スニーカーの洗い方についてご説明してまいります。

スポンサーリンク

白スニーカーの洗濯の仕方

白スニーカーを洗う方法としては、洗剤を使ってブラシでこすって洗うことが思いつくと思いますが、洗濯機でも洗えますよ。

汚れてしまったらスニーカーに染み込んでしまう前に洗うようにしましょう。

それでは、洗濯機で洗う方法をお教えしましょう!

まず、インソールと靴ひもをはずして、底についた土や泥、ひどい汚れを前もって落としておきましょう。

それでも汚れがひどい場合は、バケツにぬるま湯と洗剤を入れ、つけ置き洗いをしてください。

さぁ、洗濯ネットスニーカーを入れたら、洗濯機にポイッと放り込んでください!

>オシャレ着用洗剤を使用するようにしてください。

また、水量は高で、手洗いコースにすると、スニーカーは傷みにくいですよ。

脱水はしっかりして、洗濯機が終わったら、日陰で干すようにしましょう。

白スニーカーを洗濯して黄ばみがでてきたら酢が効果大!

洗濯しても黄ばみが出てしまったとき、どうすればいいのでしょうか。

ここで登場するのが、お酢です!

洗濯したにも関わらず何故黄ばみが出てきてしまうんでしょうか、また、何故お酢が有効であると言えるのでしょうか。

そのメカニズムを説明しましょう。

まず、黄ばみの原因として、洗濯洗剤などのアルカリ性の洗剤の洗い残しであることが言われています。

よくすすいだと思っていても、やっぱり残ってしまっているんですね。

このアルカリ性に対して有効なのが、酸性の酸となります。

アルカリ性を中和してくれるのが酸性だからですね。

自宅にある酸と言えば、お酢なんですね。

方法としては、バケツに200ccのお酢とバケツ一杯分のぬるま湯を用意し、スニーカーをいつものように洗ってから2~3時間つけ置き洗いするだけ!

最後によくすすいで日陰で干せばOKですよ。

スポンサーリンク

白スニーカーの黄ばみを落とす方法は?

それではお酢の他に、なかなか落ちない黄ばみの落とし方はあるのでしょうか。

実は、重曹を使用するといいんです!

はじめに、スニーカーのひもをはずして、バケツなどに用意したぬるま湯に重曹を適量いれておきましょう。

そこに、スニーカーとひもを入れてください!

2時間~半日つけ置き洗いします。

次に、ブラシなどでスニーカーをごしごししましょう。

そして洗い流して、最後にしっかり水気を切り、日陰に干してください。

洗い流したあとは洗濯機の脱水で手軽に水気を切ることもできますよ。

つけ置き洗いの時間も待てない・・・という方は、寝る前につけ置きしてみてください。

朝起きてからすぐに洗えるので、おすすめの方法ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スニーカーもきれいになったところで、オシャレして出かけましょう!

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

洗濯機をかける時間で朝は何時からで何時までならマナー違反にならない?

仕事の都合などで必ず一定の時間で洗濯機を使うことができない、という人は意外と多いものです。 一戸建てなら家族に断って夜間使うことも出来るでしょうが、アパートやマンションの集合住宅ならかなり気を遣いそう …

淋し見舞いのお供えに饅頭をもって行く時は風呂敷で包む?

スポンサーリンク 淋し見舞いに持って行こうとするとき、どんな物が良いのでしょうか? 淋し見舞いって、何? と思われる方も多いでしょう。 法事なのだから、お饅頭を持って行くのが一般的かと言うと、そうでも …

ウールコートに毛玉が付いたらブラシで取れる?家にあるアレを使っても取れるって知ってた?

スポンサーリンク 寒い冬に大活躍のウールコート。 衣替えをしていざ着用して外出!という時に「あれ?こんなところに毛玉が・・」といった経験はないでしょうか? 冬はアウターのほかにマフラーや手袋といったも …

スマホが熱いし電池が減る時の対策は?電源も入らない時は?

スマホを使っていると、持っている手に「なんだか熱いな・・」と熱を感じることはありませんか? これはスマホに使われているリチウムイオン電池が熱くなっているのが原因です。 スマホは精密機械なので、熱をため …

子連れで浴衣を着て子供を抱っこするときに気を付けることは?着崩れ防止はどうすればいい?

夏祭りや花火大会は、家族にとっていい思い出作りになりますね。 お子さんが大きくなれば、自然と友達やパートナーと思い出作りをするようになるので、できれば一緒に行動できる年齢のうちに行っておきたいのが親の …