生活

ゼラチンパックって何?本当に角栓はとれるの?その驚愕の効果はこちら!

投稿日:

pack2
皆さんはゼラチンパックをご存知でしょうか?

ゼラチンパックとは主に牛乳やお菓子作りの材料として用いられるゼラチンを用いて顔パックするものですが、それによって一体どれぐらいの効果が得られるのでしょうか。

ゼラチンと言ってすぐに思い浮かべるのがゼリーでしょうか?

食品なので、安全なイメージもありますね。

それがパックとしての効果はどのくらいあるのか。

それではご説明してまいりましょう!

スポンサーリンク

ゼラチンパックで角栓はとれるの?

お肌の毛穴にたまった角栓、これは古い角質や皮脂にあたりますが、その角質はほぼタンパク質でできていると言われており、これらはオイルクレンジングでふき取ることはできません。

そこで、ゼラチンの固まる性質を利用したゼラチンパックを用いることで、その角栓をごっそり取ってしまおうということなのです!

作り方は簡単です。

牛乳大さじ1.5とゼラチン大さじ1を耐熱容器へ入れ、ラップをせずに500ワットの電子レンジで10秒加熱し、ペースト状になるまで混ぜます。

火傷しないよう、なおかつあたたかいうちに、大き目の刷毛を使って角栓をとりたいところに塗っていきます。

冷えると固まってしまうので、手早く塗っていきましょう。

塗ったあと、15分くらい置いて完全にパックが変わったら、やさしくはがしてください。

これで角栓はとれますよ!

是非お試しくださいね。

スポンサーリンク

ゼラチンパックの効果は?

ゼラチンパックは古い角質もとってくれるし、牛乳やゼラチンといった体内に入っても問題のない成分を用いているので

安心だという意見がある反面、本当に安全なのか?という疑問もあります。

確かに角栓をとってくれる優れものでありますが、とったあとのパックを見ると、角栓だけでなく産毛などもとれていることから、皮膚の表面も少なからず傷つけていることになります。

敏感肌の方は、ちょっと心配になってしまうかも知れません。

ゼラチンが固まりすぎてしまうと、はがすときに力が入ってしまい、肌に負担をかけてしまうことも。

無理やりやること、そして高頻度に使用することは避けた方がいいと言えるでしょう。

固さも多少は調整出来るみたいですが、キッチリ取りたいからと言って、固めにやりすぎると剥がす時に痛いと言う意見も。

また、ゼラチンパックを行う前後は、きちんと肌をケアもあわせて行ってくださいね。

パック前にはホッとタオルなどで毛穴を開いておくこと。

そして、パック後には毛穴をひきしめるために冷水や収れん作用のある化粧水をつけ、乳液などで保湿するようにしてください。

ゼラチンで角栓をとったままではいけないということですね。

特にゼラチンは水分を吸収しやすいので、アフターケアは必ずしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

角栓をとってスッキリしても、ゼラチンパックをすることで肌に負担をかけてしまっているなら本末転倒ですね。

まずは日頃のケアをしっかりして、ゼラチンパックを使うときは頻繁にしないよう、アフターケアを忘れずにしてくださいね!

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バーベキューのレシピで簡単なのは?子供が喜ぶレシピやデザートは?

スポンサーリンク 好きな食材を持ち寄って みんなでわいわいバーベキュー! 子供たちも大喜びですね。 冬以外ならいつでも楽しみたいレジャーの一つです。 せっかくならデザートも一緒に作って みんなを喜ばせ …

床暖房をフローリングに上貼りしたい!エアコンと併用の電気代は?

スポンサーリンク 暖房を入れるとき、エアコンだけでは足元が寒いと床暖房を検討されている方も多いと思います。 張替は時間もコストもかかりすぎてしまうため、フローリングに上貼りしたいと考えますが、 果たし …

暖房で足元が寒い!オフィスで使うおすすめのものや省エネのものをご紹介!

冬場にオフィスでデスクワーク。 スポンサーリンク 暖房はついているはずなのに、足だけ寒い! そんな経験をお持ちの方は多いはずです。 足元の寒さを解消してお仕事に集中できる環境を整えましょう! スポンサ …

高齢者が喜ぶ余興で老人会などのネタは?踊りとかはどんなものがいい?

敬老会での余興、皆さんはどんなものをイメージするでしょうか。 やはり、カラオケ大会や盆踊り、小さい子供たちとの触れ合いやゲームなど、皆が好きなことでわいわいと楽しめる内容が好まれます。 ここでは、敬老 …

お彼岸のおはぎの作り方と保存と冷凍の仕方は?翌日もやわらかく食べる方法は?

お彼岸は春分の日、秋分の日をそれぞれ中日として前後3日間を合わせた期間になります。 お彼岸にお供えするおはぎは、古くから親しまれている日本の伝統和菓子です。 手作りでおはぎを美味しく作るコツと、保存方 …