生活

上靴の名前の書き方でにじまないようにするには?書く場所はどこがいい?

投稿日:


保育園や小学校へ通うお子さんがいらっしゃる方。

「自分の持ち物には名前を書きましょう」とよく言われますが、上靴への名前の書き方で悩んだ方はいらっしゃいませんでしょうか?

どこに名前を書くか、インクがにじまずに書けるかなど、悩む方も多いと思いますが、上手く書けるコツが知りたいですよね。

そこで、今回は上靴への名前の書き方についてご紹介してまいりましょう!

スポンサーリンク

上靴の名前の書き方ってどうしたらいい?

早速ですが、上靴に名前を上手に書くにはどのような方法があるのでしょうか。

名前が消えないように、皆さんマジックやペンを使うと思いますが、用いるのは油性ペンですよね。

にじまず上手に書くために、まずはこのペンを「にじまない布用名前ペン」にしてみてください!

他には、上靴を少し湿らせてから書くヘアスプレーを振りかけてから書くなどの方法も意外とにじまずきれいに書けますよ。

また、名前だけでなく、カラフルなラインやお花のイラストなどを描いたりして目印になるようにデコってあげることもいいかもしれませんね。

ただ、この場合は保育園や学校にデコレーション可能かどうかの確認をお忘れなく!

禁止にしているところもあるかもしれませんので・・・。

スポンサーリンク

上靴に名前を書くときににじまないようにするには?

さて、にじまないように書くコツをご紹介していきましょう!

おすすめのにじまない方法をここでは紹介しますね。

「デコパージュ液」というアイテムがおすすめです!

デコレーション用の専用液となっていて、上靴にあらかじめコーティングをすることでにじまないようになるんですね!

使い方としては、まずはじめに専用筆で上靴全体を塗っていきます。

塗ったあとはよく乾かしましょう。

よく乾いたことを確認し、油性ペンやデコレーション用のペンを用いて名前などを書いていきましょう。

その上、デコパージュ専用のトップコート液もあるんですが、これを書き終わってから塗ると、書いた名前などが消えにくくなります!

さらには汚れもつきにくくなるといった意見もあり、おすすめの一品ですよ。

それでもどうしてもにじむ・・・とお困りの方には、上靴のかかとの上、ベロの付いているところに通して使える「くつミニデコ」というアイテムもあります!

是非試してみてくださいね!

上靴の名前を書く場所はどこが一番いいの?

では、上手に書くコツがわかったところで、名前をどこに書けばいいのでしょうか。

保育園や小学校から場所の指定がある場合はそれに従うようにしましょう。

特に指定のないときは、かかとや足の甲、もしくはゴムのところに書きましょう。

かかとは靴箱から取るときに見えること、足の甲やゴムは並べて置いたときに見つけやすいことといったそれぞれの利点がありますよ。

でも足の甲やゴムの部分に書く場合の向きに悩むこともありますよね。

実際、相手に読みやすく書くか自分に読みやすく書くかの正解はなく、どちら向きに書いても大きな問題はないので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

とは言え、今の時代、個人情報の関係から、上靴の外側には名前を書かず内側に書くことも増えてきたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オシャレは足元からとよく言われますが、お子さんの保育園用の上靴も同じ、可愛くして楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クリスマスのデートに社会人が仕事帰りに楽しむプランは?

社会人で時間がなかなかとれないけど、やっぱりクリスマスイブは二人で一緒にいたい!と思うのは当然ですよね。 スポンサーリンク でも、クリスマスって年末。仕事が一番忙しい時期でもあるのです。 そこで今回は …

旅行のボストンバッグのおすすめは?選び方や軽いものが知りたい!

女の子の旅行となると、荷物がどうしても増えてしまいがち。 それを詰めるバッグは、どういうものがいいのでしょう。 一泊や二泊の旅行なら、便利なのが肩から下げられるボストンバッグです。 皆さんの服装や、行 …

amazonプライムの特典が凄い!お得情報と参加するメリットまとめました。

インターネットを介してお買い物をする時代となってきましたが、皆さんはご利用になったことがありますか? スポンサーリンク Amazonや楽天など、さまざまなものがありますが、どれを利用するにしてもできる …

タイツの毛玉の取り方よつかいないような洗濯の仕方は?防止する方法は?

女性なら、ファッションの定番または必需品といえる「タイツ」。 今はさまざまなカラーやデザイン、素材でおしゃれが楽しめるようになりました。 でもその反面、「毛玉」ができてしまうという欠点もあるのです。 …

残暑見舞いの時期はいつまで?書き方があるの?返信はどうすればいい?

スポンサーリンク 今年も暑い夏がやってきますね。 夏には、昔から、暑中見舞いや残暑見舞いをやり取りするという習慣がありました。 冬の年賀状のように、挨拶状をやり取りするものです。 ところで、暑中見舞い …