冠婚葬祭

お供えののしの色ってお盆や法事で違うの?のしの色について詳しく解説!

投稿日:2018年3月30日 更新日:


お供えののしの色って色々ありますよね。

あなたは、のし紙を使う意味とか、お供え物に使う水引はどの色にすればよいのか、よく分かっていないのではないでしょうか?

お盆や法事などのお供え物に使うのしの色って、どの色を使っていいのか迷わないですか?

これから、お供え物になぜのし紙をかけなければいけないのか、のし紙の色には、どのような意味があるのかなどについて紹介します。

スポンサーリンク

お供えののしの色は?

 最初にのし紙というのは、贈答品を包むときに使われます。

 かけ紙に「のし」とか「水引」とか「裏書き」と印刷されています。

ただ、かけ紙の右上に「のし」と印刷されたかけ紙はお祝いごとに使用されるものです。

法事などの弔事に使用されるのし紙は、「のし」の文字が印刷剃れていない、弔事用の水引や表書きが印刷されたものだけを使用します。

お供え物に「のし紙」をかける意味するものは、あなたから故人に対する敬意を示すとともに、遺族へのいたわりの心を表明するものです。

お供え物には、「結び切り」という結び方の水引が印刷されたのし紙をかけます。

「結び切り」の水引とは、一度結んでしまうと、ほどけないような結び方の水引が印刷されています。

弔事とか結婚などの出来事は繰り返したくいことですよね。

ですから、一度きりで繰り返したくない出来事に対して贈答する場合に、贈る品物に使われます。

使用される水引の色と裏書きは、お供えする場面によって使い分けます。

それでは、場面ごとに紹介します。

1.通夜・葬儀
・表書き
「御供」「御供物」「御霊前」
・水引の色
・全国的に黒白

2.法事
・表書き
「御供」「御供物」「御仏前」
・水引の色
・黒白、黄白、双銀(青白)

3.お盆
・表書き
「御供」「御供物」「御仏前」
・水引の色
・全国的に黄白(青白)
      (青白の水引は仏事に昔使われていましたが、最近は一部の地域だけで使われることが少ない水引です。 )

※表書きに書く名前と文字に使う墨の濃さが破面によって違います。通夜と葬儀では、哀しみの涙で、墨が薄くなったと言う意味から薄墨を使用し、その他の法事では通常の濃さの墨を使用します。

4.地域の風習による違い
 
全国的に、通夜・葬儀では黒白の水引が使われます。

しかし、地域によって法事用のお供え物の水引の色には違いがあります。

例として、関東では一周忌まで黒白を使って、三周忌以降でないと黄白は使ってはいけないとされています。

しかし、関西では、四十九日の法要から黄白の水引を使用することが多いなど、地域によって全く違う使い方をしている場合があります。

お供えを渡す相手の地域の風習を確認して使用することが大切です。

スポンサーリンク

お盆のお供えののしの色は?

先ほども紹介しましたが、お盆のお供え物にのしの水引の色には地域によって違いがあります。

全国の多くの地域では「黒白」を使っていますが、関西地方では、「黄白」を一般的に使っています。

関西でも、初盆やお葬式などでは、黒白の水引きを使いますが、それ以外のお供え物には、黄白の水引を使います。

相手方がどの地域にお住まいになっているかに よって、水引の色が違いますので、確認してくださいね。

相手方に確認できない場合は、葬儀屋とか、購入する店で聞いてみることです。

あなたが、関東に住んでいて、義両親が関西に住んでいる場合には、「黄白」の水引を選んでください。

逆にあなたが関西に住んでいて、義両親が関東に住んでいれば、「黒白」の水引を選んでください。

法事のお供えののしの色は?

法事の水引の色はその法事の種類や地域によって変わってきます。

関東地方では一周忌までは黒白を使っています。

黄白は三周忌までは使ってはいけないというしきたりがあって、三周忌以降に黄白を使用します。

関西地方では、通夜・葬儀は白黒の水引を使いますが、四十九日の法要からは黄白の水引を使用するようです。

五十回忌は故人が亡くなってから満49年目の法要です。

これは、弔い上(とむらいあげ)と言われていて、故人が先祖の仲間入りをするということで大変に目出度い節目であるといわれています。

一般的には黄白の水引使われていますが、故人に感謝の意を込めるということから、紅白の水引を使っても大丈夫です。

【関連記事】
初盆についてのあれこれをまとめました。

まとめ

お供え物に使用するのし紙の色などについて紹介しました。

水引の色は黒と白だけでないことも分かって頂けたことと思います。

使う場面や地域によって、のし紙の色が違います。

相手方から、あなたが常識がない方だと思われることがないように、使う際には十分に気をつけてのし紙を選んでくださいね。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

結婚式の家族写真はどこまで一緒に写る?スナップでもいい?どうやって送る?

結婚式を挙げる予定のある方、このたびはおめでとうございます! 特に花嫁さんは色々と準備が大変だと思いますが頑張ってくださいね♪ さて、準備を進めていく際に、結婚式の規模にもよりますが、家族写真を撮影す …

初盆の祭壇の飾り方に決まりはある?花やお供えはどんなものを飾るの?

初盆とは、四十九日が明けてから初めて迎える盆のことを言います。 初盆には、身内や親しい方を招いて、僧侶による法要を行ったあと、会食などをして、盛大に供養することが多いです。 そのため、仏壇とは別に盆棚 …

香典を義祖母に出す場合の相場は?夫婦で出すなら?

結婚をすると幸せな事も多くありますが、相手の家族や親戚が増えて交際範囲が広くなり、葬儀については自分の考えだけで決める事は難しくなります。 義祖母の場合はまた難しい問題ですよね。 香典を義祖母に出す場 …

花嫁の手紙で晩婚の場合の例文は?書きだしや締めはどうすればいい?

最近では結婚適齢期が遅くなり、晩婚化が進んでいますが、そんななか結婚式をする際に花嫁の手紙を読むかどうか、お悩みの新婦さんも多いかと思います。 年も年だから、花嫁の手紙を読むのは恥ずかしいかな・・・と …

初盆のお返しは必要?のしはいるの?時期はいつまで?

 冠婚葬祭の場面では、参列者からお祝いやお供え物を戴く機会が多いかと思います。  そんな場面に遭遇したとき、お返しを渡すのがマナーとされています。  お盆でも、来ていただいた方からお供え物や盆提灯を戴 …