冠婚葬祭

結婚式のネクタイの色で親族の場合シルバーでもいい?色や柄はどこまでOKなの?

投稿日:

結婚式といえば、フォーマルスーツに白いネクタイというのが定番ですね。

しかし最近では、光沢感のあるものや明るい色合いのものなど、カラーネクタイを着用する人も増えてきています。

ここでは、親族の結婚式の場合のネクタイの色や柄について紹介します。

スポンサーリンク

結婚式のネクタイの色は親族の場合は?

親族の結婚式にでる場合には、新郎新婦よりも格上の装いとしないこと、新郎の装いに被る可能性のある明るい色のスーツを着用しないこと、お祝い事ですので、黒いシャツやネクタイを着用しないことが大切です。

親族であれば、招待客を迎える立場ですので、フォーマルな結婚式であれば礼装とし、正礼装もしくは準礼装とするのがマナーです。

礼装の場合、最近ではブラックスーツを着用する人が多いかと思いますが、ネクタイの色は白やシルバー、光沢のある明るいグレーなどがおススメです。

年配の方ですと白色を選ぶ方が多くなる傾向にありますが、若い世代であれば白色であっても光沢感のあるものを選んだり、シルバーグレーにしたり、全体的には礼装としているものの、その中で個性を出しておしゃれを楽しんでいる人も多くいます。

礼装の格式も、どのような結婚式なのか、ということに合わせて考えられるとよいでしょう。

フォーマルな結婚式であればフォーマルな装いを、カジュアルな結婚式であれば略式の正装があうのではないでしょうか。

その装いにあわせて、白系のネクタイを合わせてみてください。

スポンサーリンク

結婚式のネクタイの色はシルバーがいいの?

先にも紹介しましたが、結婚式の装いでのネクタイの色は、光沢感のあるものや明るい色合いのものなどを着用する人が増えてきています。

以前は、礼装に白いネクタイでなければならない、というように考えられていましたが、最近では、ネクタイについては自由度が高く、明るい色合いであれば良い、という考え方に変わって来ています。

とはいえ、お祝いの席ですので、やはり黒や紺といった暗い色のものはNGとなっています。

親族の結婚式であれば、やはり白やシルバーといった色のネクタイが無難であることは確かですが、光沢感のある明るい色のネクタイも好まれるようになってきました。

白かシルバーか、というところで悩む人もいるかもしれませんが、どちらがよりよい、ということはありません。

好みかと思いますが、若い世代であれば、ただの白色であっても光沢感のあるものや、シルバー、シルバーグレーといった色を選ぶ人が多いのは事実です。

光沢感のあるものやシルバーであれば、白色よりもより華やかな印象になりますし、若々しい印象になりますので、そういった意味では、白よりもシルバーのほうがお祝いの雰囲気をより盛り上げるものになるでしょう。

結婚式のネクタイの色と柄はどこまでいいの?

さて、ネクタイの色については前述のとおりですが、色や柄はどこまで許容されるのでしょうか。

それは、どのようなタイプの結婚式かにもよりますし、新郎新婦の考え方にもよるものですので、一概にこう、といえるものではありません。

結婚式での装いとして、白やシルバー、シルバーグレーのネクタイは標準的なもので、白系の生地に黒い柄もフォーマルであるとされています。

また、カジュアルな結婚式であれば、明るいピンクやブルー、グリーンなどでも大丈夫です。

一般的な考え方として、白やシルバーの無地のネクタイが最もフォーマルとされ、カラーが入るとカジュアルさがでてきます。

柄についても同様で、柄は細かいほどフォーマルなイメージになり、柄が大きくなるほどカジュアルになります。

ストライプやチェック、ドット柄、さらにはトランプカードのデザインなど、ネクタイの柄には多くの種類がありますが、同色系で、細かい柄であれば上品さがでます。

ただし、避けたほうがよい柄もあります。

それは、殺生をイメージさせるアニマル柄やヒョウ柄などです。

お祝いの席にふさわしい色や柄を選んでください。

まとめ

親族の結婚式は、大切なお祝い事です。

ネクタイの色は白やシルバー、デザインは控えめなものとして新郎新婦の門出をお祝いしてあげてください。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お供えののしの色ってお盆や法事で違うの?のしの色について詳しく解説!

お供えののしの色って色々ありますよね。 あなたは、のし紙を使う意味とか、お供え物に使う水引はどの色にすればよいのか、よく分かっていないのではないでしょうか? お盆や法事などのお供え物に使うのしの色って …

結婚式に大判ストールを巻いて行くのは大丈夫?簡単でおしゃれな方法は?

スポンサーリンク 結婚式にゲストとして参加するときの服装は失礼がないか すごく気にしてしまいますよね。 TPOに合わせていくつもドレスや上着を持っていれば 悩むことはないのかもしれませんが、ドレスや小 …

初盆のお返しは必要?のしはいるの?時期はいつまで?

 冠婚葬祭の場面では、参列者からお祝いやお供え物を戴く機会が多いかと思います。  そんな場面に遭遇したとき、お返しを渡すのがマナーとされています。  お盆でも、来ていただいた方からお供え物や盆提灯を戴 …

結婚式の招待客が少ない場合に友人代行を頼むのはあり?代理出席がばれたらどうなる?

結婚式の招待客のバランスは、どうしても気になるものです。 招待客が少なければ見栄えがしませんし、招待客が少ない側は、どうしても肩身が狭くなりがちです。 ここでは、結婚式の招待客に友人代行を頼むことにつ …

通夜見舞の書き方で表書きやのし袋はどのようにすればいい?

通夜見舞いは地方によって行っていない所もあり、のし袋や表書きをどのようにすればいいのか悩む方がいると思います。 そんな方の為に、失礼に当たらないようにする為の通夜見舞いに使用するのし袋や書き方を調べて …