冠婚葬祭

友人の結婚式のネクタイはシルバー以外でもいい?どんなシャツが合う?

投稿日:

友人の結婚式に招待されたとき、楽しみに思うと同時に、シャツやネクタイの色について、どうしようかと悩むことがあるかと思います。

友人の結婚式にはめても大丈夫なネクタイとシャツはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、結婚式の装いとしての、ネクタイの色やシャツについて紹介します。

スポンサーリンク

友人の結婚式につけていくネクタイはどんなものがいい?

さて、友人の結婚式にはどのようなネクタイが良いのでしょうか。

インターネットで「結婚式用のネクタイ」と検索すると、白やシルバーのほか、光沢のあるものや明るい色、パステルカラーなど、様々な種類のネクタイが紹介されます。

柄についても、細かなものから大きなものまで様々です。

ご友人の結婚式がどのようなものかによって、それに合わせたファッションになろうかと思いますが、フォーマルな結婚式であれば、シルバーやライトグレーなど、礼服にあったネクタイとしたほうがよいでしょう。

レストランパーティやガーデンパーティのような結婚式であれば、カジュアルな雰囲気になるピンクやブルー、グリーンなどの明るい色のネクタイが合います。

ネクタイの色もそうですが、ネクタイの結び方にもいくつか種類があり、ネクタイの結び目にボリュームを出して華やかな装いにすることも出来ます。

たとえば、ウィンザーノット、エルドリッジノット、ケープノット、メロウィングノットやトゥルーラブノットという結び方は、ネクタイの色とともにおしゃれで華やかな印象にしてくれますので、様々な結び方を覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

友人の結婚式のネクタイはシルバー以外でもいいの?

前述しましたように、友人の結婚式に主席する場合には、ご友人の結婚式がどのような格式のものかによって、選択の幅が広がります。

カジュアルな結婚式であれば、シルバー以外でも大丈夫ですので、会場の雰囲気や新郎新婦の考え方など事前に確認したうえで決めるとよいでしょう。

会場の雰囲気などが良く分からない場合には、無地のシルバーのネクタイとしたほうが無難です。

シルバーのネクタイであれば、親族か友人か、フォーマルかカジュアルか、結婚式かその二次会かなどを問わず、お祝い事であれば幅広く使用できる万能のネクタイと考えてよいでしょう。

光沢のある無地のシルバーネクタイは、男性であれば1本は必ず持っておきたいアイテムですね。

また、ストライプやドット柄のシルバーネクタイは、無地のものよりのオシャレな印象になります。

ほかにも、織柄やチェック柄のシルバーネクタイもありますので、好みに応じて選んでみてください。

シルバー以外のカラーネクタイとする場合には、光沢感のある明るい色のものを選びましょう。

柄も前述のようなものがありますが、できれば同系色の柄として、派手になりすぎず控えめにして、おしゃれを楽しんでください。

友人の結婚式に着ていくシャツは?

結婚式では、無地の白いシャツとし、襟はレギュラーカラーのものを着ることが基本になります。

結婚式の最中にジャケットの脱ぐことは無いですし、きれいに着こなすためにシャツは長袖としましょう。

また、お祝い事ですので、黒いシャツや黒いネクタイはNGですので、おしゃれだと思っても、場に相応しい服装かという観点から判断してください。

前述のネクタイの色の考え方と同様の考え方にはなりますが、フォーマルな結婚式であれば白いシャツとし、カジュアルな結婚式であれば、明るいピンクや、薄いサックスブルーのシャツでも大丈夫です。

シャツの色は、スーツの色になじむものとし、赤や黄色などの派手で目立ってしまうものは避けましょう。

柄は無地が最も無難なものですが、近くで見ないと分からない程度の同系色の織り柄のものでも構いません。

ボタンダウンシャツはカジュアルな印象となり、フォーマルな場には相応しくありませんので、着る場合には、レストランウェディングのようなカジュアルな結婚式の場合としましょう。

ファッションの選択の自由度としては、シャツよりもネクタイのほうが、自由度が高いといえます。

まとめ

友人の結婚式の装いとしてもシャツやネクタイについて紹介しました。

主役はあくまで新郎新婦ですので、目立ちすぎず、控えめにオシャレを楽しんでください。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お淋し見舞いはいつ渡すの?品物の場合と現金の場合では渡し方が違う?

皆さんお淋し見舞いという風習、ご存知でしょうか? スポンサーリンク お淋し見舞いとは、簡単に説明すると、愛知県や岐阜県の一部で、お通夜に参列することになった際に香典とは別にお渡しするもの。 実際にお淋 …

初盆のお参りの時の服装で女性の場合と男性の場合は?

 故人が亡くなってから四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことを初盆(または新盆)と言います。  初盆は通常のお盆とは若干しきたりなどが異なることがあり、より丁寧に供養します。  では、初盆の際の服装は …

プレゼンテージの申し込みでブライダル専用のカタログはあるの?申し込み期限切れはいつまで?

プレゼンテージのカタログギフトは、一般的なカタログギフトよりも文字や写真が大きく、読みやすく、商品を選びやすいと評判です。 値段も2000円代から50000円代まで、予算に応じて選ぶことのできるプレゼ …

弔電を送るタイミングと到着は通夜か告別式のどちらにするのがいい?

突然の訃報を知り、まずは弔電と御香典などをどうしたらいいか、と思いませんか? 何度も経験している方なら、説明するまでもないかもしれませんが、大人のたしなみとしてマナーを覚えておかなければなりません。 …

お盆に帰れないときのお供えは送ってもいい?どれぐらいの時期に送ればいい?

お盆の期間中は世間一般にお休みとして認識されています。 この休み期間中には、久しぶりに実家に帰省して。お墓参りをすることが慣例となっていますよね。 しかし、できることなら帰省して仏前で手を合わせたいけ …