冠婚葬祭

弔電を送るタイミングと到着は通夜か告別式のどちらにするのがいい?

投稿日:

突然の訃報を知り、まずは弔電と御香典などをどうしたらいいか、と思いませんか?

何度も経験している方なら、説明するまでもないかもしれませんが、大人のたしなみとしてマナーを覚えておかなければなりません。

悲しんでいるその時も、時間はどんどん過ぎていきます。

故人への礼儀を最後まで通すためにも、弔電などを送るマナーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

弔電を送るタイミングは?

弔電とは、訃報を受けて通夜や葬儀に参列できない時にお悔みの言葉を伝える電報のことを言います。

一般には、お悔みの言葉を伝えるのに早く届くことが失礼に当たることはありません。

弔電は、訃報を受けたのなら即送るのがマナーとされています。

しかし訃報は急なことが多いので、だいぶ経ってから知ってしまったということもあるでしょう。

そんな時は慌てずに冷静になって、通夜や葬儀の日をまず確認しましょう。

本来ならどちらかに出向くことができればいいのですが、それが不可能な時に弔電を送ります。

葬儀に間に合うようでしたら、すぐに手続きするのがベストです。

もし間に合わないのが確実のようなら、弔電を送るのは遅いのであきらめましょう。

その代わりに、一段落した頃に改めて伺うか、葬儀終了後に香典や供花を送りましょう。

弔意を表し、故人との思い出などをつづったり葬儀に参列できないお詫びの手紙でも構いません。

遅くなっても弔意を忘れないことが、故人や遺族に対する礼儀であることを忘れてはなりません。

スポンサーリンク

弔電の到着のタイミングはいつがいい?

弔電はできるだけ早く送ることは、先程説明しました。

しかしそううまくはいかないのが常ですね。

どんなに急いで手続きしても、葬儀当日になってしまうこともあるでしょう。

訃報が入っても、葬儀場の都合や日柄によって葬儀が遅れる場合も考えられますので、まずは通夜や葬儀の日を確認するのが一番です。

状況から判断して、葬儀に間に合いそうになければ弔電は手配しない方が無難です。

弔電は、主に葬儀の際に喪主によって拝読されます。

できればその前には確実に届いていれば理想的ですが、葬儀が斎場で執り行われる場合は葬儀が始まる数時間前には届くように手配したいものです。

また自宅の場合は、斎場より人の手も足りない分混雑しあい、忙しくなっています。

葬儀の前日にはほとんどの段取りが終了していることが多いので、それまでには届くように手配するのがいいのでしょう。

NTTの電報サービスなら、午後7時まで申し込めば、当日配達が可能です。

他にも即日配達可能な電報サービスがたくさんあるので、調べてみてください。

いずれにせよ、葬儀が始まる前に到着するのが理想ですね。

弔電のタイミングは通夜か告別式 かどちらがいい?

取り急ぎ送るのが弔電ですが、やはりマナーを守って送りたいものです。

通夜というのは基本葬儀の前日に行われ、故人の近親者が多く訪れる儀式です。

でも地域によっては、通夜の日時が統一されていないこともありますので弔電を打つ場合は確認しましょう。

訃報を受けてすぐ弔電を手配すれば、通夜に着くことが多いと思います。

最中に着いたとしても失礼には当たりませんので、早めに手続きするべきです。

一方、「告別式」は以前は葬儀の後に行われていました。
故人の友人や知人などが最後の別れをする儀式だったのですが、最近では葬儀と告別式を合わせて行うのが一般的になってきています。

通夜でも告別式(葬儀)でも、弔電が到着する分には失礼ではありませんが、先程の到着時間のマナーを守ればいいでしょう。

喪主によって拝読される弔電は、前もって何通か決められることが多いので間に合うようにいくらでも早く着くようにします。

覚えておきたいのは、葬儀の後に配達されることが失礼に当たるということです。

最後のお別れを、マナー違反で終わらせたくはありませんね。

まとめ

今では弔電も即日配達されるようになり、葬儀もだんだん斎場で行うのが多くなっています。

それだけに、ご不幸に対するサービスも増えてきているのでしょう。

でも、今も昔も故人を偲び最後のお別れをするという、通夜と葬儀は変わりません。

大切なのは故人に敬意を表し、天国へ送ることではないでしょうか。

人間として最低限の作法を身に着けて、弔電を送る形でもいいので、最後のお別れに参列したいと思いました。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初盆の提灯はすぐに処分するの?使いまわしてもいい?いつまで(翌年など)飾るの?

家族が他界して初めて迎えるお盆、初盆では、白提灯を用意します。 提灯は、無くなった方を迎えるための迎え火としての意味があり、故人の霊はこの提灯の灯りを頼りに戻ってくると考えられています。 ここでは、初 …

訃報の連絡を社内にするときの例文は?家族葬希望の場合の社内通知は?

社員の家族等の訃報の連絡を受けたとき、忌引きの手続きや弔電、供花、会葬等の手続きのために、社内関係者に通知する必要があります。 ここでは、社内に訃報の通知をするときの文例や案内の出し方について紹介しま …

電報の宛名に決まりはある?葬式の場合で喪主がわからないときは?

葬儀に参列できない場合、お悔やみの気持ちを伝えるために送る電報が弔電です。 突然の訃報を聞き、「宛先、差出人はどうすればいいのか?」「どんな内容にすればいいのか?」などと悩まれる方も少なくはありません …

結婚式に連名で電報を送る時の書き方で注意することは?

皆さんは、結婚式の電報を送ったこと、ありますでしょうか? スポンサーリンク 結婚式への電報というと、急きょ欠席になった方や遠方のため出席しにくい方がお送りすることが多いと思いますが、個人で送る方もいれ …

結婚式でBGMが必要な場面で盛り上がるのは?でも著作権とかって大丈夫?

新郎新婦入場、乾杯、ケーキ入刀、花嫁からの手紙・・・さまざまな演出があり、新郎新婦の新しい門出と両親や友人への感謝を伝える結婚式。 その場面場面で、実は重要であるBGM。 流す曲によって印象も変わりま …