生活

ストッキングの伝線しない方法や履き方のコツは?冷凍するといいってホントなの?

投稿日:

おろしたてだっとり、思わぬところでだったり、ストッキングの伝線は困りものです。

特に外出先での伝線は、替えのストッキングがすぐに手に入らなくて、困った経験は誰でもあると思います。

お気に入りのストッキングでも、いつかは伝線したり、破れたりしてしまいますが、できるだけ長持ちさせたいものです。

ストッキングが伝線しにくくなる方法ってあるのでしょうか?

そんな裏ワザがあるんです。

知りたくないですか?

スポンサーリンク

ストッキングの伝線しない方法は?

ストッキングは、何かに引っかかることが原因で伝線してしまいます。

尖った爪や長い爪、爪切りで切ったままで、先がギザギザになった爪の状態だとストッキングが引っかかってしまいます。

また、ガサガサのかかと、膝もそうです。

足の爪が長かったり、角が鋭くなっているのも、ストッキングが引っかかってしまいます。

膝やかかとは、クリームなどでケアをする、爪のお手入れをこまめにすることでも、ストッキングの伝線は少なくなります。

ストッキング自体のお手入れで伝線しにくくなる方法もあります。

ストッキングの生地はデリケートなので、手洗いがベストですが、洗濯機でも洗うことができます。

洗濯機で洗うときは、他の洗濯物を絡まって生地が傷まないよう、必ず洗濯ネットに入れて下さい。

洗剤は普段着用の洗剤で大丈夫ですが、色落ちの原因になるので、漂白剤は使用しないで下さい。

干すときは、陰干しにします。

洗濯後タンスにしまうときは、左右の脚部分を重ねて、つま先からくるくるを巻き取るようにしてから、パンティ部分を折り返して、脚部分をくるむようにします。

そうすると、丈夫なパンティ部分がタンスの中での脚部分のひっかかりを防いでくれます。

スポンサーリンク

ストッキングが伝線しない履き方のコツは?

足を細く見せるサポート力の高いストッキングを無理やり引っ張って履こうとすると、伝線してしまうこともあります。

おろしたてのストッキングだとガッカリしてしまいますよね。

伝線しないようにするストッキングの履き方のコツがあるのです。

ストッキングの中に手を入れてかかとの部分を内側からつかんで、かかとの部分だけを裏返します。

その状態で足を入れて、かかとまでストッキングを履きます。

片足ずつ履き、その後少しずつストッキングを上げていきます。

また、パンティ部分を引き上げるときは、手で引き上げるのではなく、パンティ部分に差し入れた手のひらを体に当てて、手の甲を使って引き上げます。

このように履くと、ストッキングに爪が当たることが少なくなるので、伝線しにくくなります。

これだけのことでサポート力の高いストッキングも伝線知らずで履くことができます。

ストッキングが伝線しないように冷凍すればいいってホント?

ストッキングを伝線しにくくするため、「冷凍庫で凍らせるといい」という話、聞いたことがありませんか?

ネット上では、「凍らせることで、ストッキングのナイロン繊維が縮んで密度が濃くなるので、伝線しにくくなる」などもっともらしい理由も添えられていたりします。

しかしこの話、メーカーで確認すると、全く根拠のない都市伝説だったのです。

流通している多くのストッキングは、ポリウレタンとナイロンでできています。

このポリウレタンは、極端な低温や高温に弱いという性質があります。

そのため、冷凍庫で凍らせることでポリウレタンが弱くなってしまうので、全く伝線予防効果はないのです。

また、酢水につける、砂糖水につけるなどの方法も伝線予防効果があると言われていますが、酢水では酢酸がストッキングの繊維に悪影響を及ぼす可能性があり、砂糖水は全く根拠のない話です。

よかれと思っていることがストッキングの生地を傷めてしまうことになっていたのです。

まとめ

ストッキングは、女性にとって欠かせないものです。

そんなストッキングですが、自分では気がつかないうちに伝線してしまっていることが少なくありません。

履き方や洗濯・保管方法で、伝線しやすいストッキングも長持ちさせることができます。

難しいことではないので、普段の生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブーツの中が臭い時の対策!!速攻で臭い匂いを消す手入れ方法はこちら!

温かいブーツは冬場に必要不可欠なアイテムですね。 でも、一日履いた後にブーツの臭いが気になる事はありませんか? スポンサーリンク 実は、保温効果の高いブーツは湿度が大好きな細菌の温床になりやすく、それ …

犬の耳が臭い病気は何が考えられる?治療と普段のケアの方法は?

スポンサーリンク ご家庭で犬を飼ってらっしゃる方、耳がくさいと感じたことはありませんか? 愛犬の耳のにおいが気になるとき、もしかするとそれは病気かもしれません。 大切な家族であるワンちゃんが病気だと心 …

くるくる回る貯金箱やからくりのあるものの作り方は?仕分けもできるようにするには?

小学校高学年の夏休み、自由研究などで何か工作を、と考える人も多いことと思います。 手軽にできる工作から手の込んだものまで、出来ることは沢山ありますが、どうしようか悩んでしまいますよね。 ここでは、貯金 …

腰のコルセットの洗い方は?ワイヤーが入ってるときはどうするの?【画像付き】

腰痛があると手放せないのがコルセットですよね。 コルセットは一日中つけていたりするので結構汚れたりしますよね。 コルセットって洗濯してますか? どのような手入れをすればいいのか、実際に家族の使っている …

おちょぼ稲荷の初詣に行った感想。混雑状況と屋台の様子をアップします!

スポンサーリンク 今年のお正月はどのように過ごしましたか? 私はというと、大晦日〜元旦は実家で過ごし、その後は家族でまったりと過ごしてました。 ただ、急に「ちょっと有名な神社に初詣に行こう!」と思いつ …