生活

卒業式のコサージュを手作りで作りたい。スーツへの付け方は?

投稿日:2015年11月2日 更新日:

sotugyousiki kosa-jyu
子供の卒業式。
スーツは手持ちのものがあるけど、
なんだか飾りがないとさびしい気がしますね。

コサージュを買ってもいいのだけど、
卒業式まで日数がないので探すのが億劫という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は自宅で簡単に作れるコサージュの作り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

卒業式のコサージュについて。

卒業式は門出であるとともに、
先生や学友との別れということもあって
スーツの色はグレーやネイビー、ブラックが定番色です。
コサージュは、それに合うような色をイメージしましょう。

3月という初春の季節だということを考慮すると
ピンクやコーラル、ホワイトなどの優しくて
春めかしい色合いの色合いが好まれる傾向にあります。

赤や青、その他の濃い色合いやゴールドやシルバーなどの華美なものは
パーティー向けであり、卒業式にはあまり向かないようです。

実はタブーとされる素材もあり、厚手の布で出来たものは
カジュアル感が出てしまうため好ましくなく、
ラメやラインストーン、ビジューなどをつけてもいいのですが
装飾が多すぎるものは華美になり過ぎ、
あまり良いとされていません。

そうすると結構デザインは限定されてしまうのですが、
これらの前提を踏まえて、手作りできる素材やデザインを
選んでいきましょう!

スポンサーリンク

卒業式のコサージュを手作りで。

卒業式のコサージュ作りによく用いられる素材は
生花やプリザーブドフラワー、造花、
布の素材ではオーガンジーやシルク、レースなどが用いられます。
(オーガンジーとは透け感のある布のことです。)

上であげた素材の中で、手ごろにできそうなのは
100円ショップで手に入る造花や
手芸屋さんで買えるオーガンジーやシルクですね。

お花の部分以外の材料はワイヤー、ブローチ部分、
接着剤やグルーガン、お好みでビーズやリボンなどです。

もっと簡単にということでしたら、
ネットや手芸屋さんでコサージュキットも販売されています。

コサージュの大きさはお好みで大丈夫ですが、
目安は8~10cmくらいでしょうか。
小さすぎると胸元が寂しいですし、
大きすぎると主張が強くなり過ぎるので加減しましょう。

100均で手に入る好きな造花を使ってそれを解体して、ビーズで花弁を作り、コサージュに変身させます。

2種類の造花で作るときは花びらをバラバラにしたら交互に花びらをまとめていくと造花にも表情がでていいですよ。

また、その花びらを交互に並べるときにレースやオーガンジーの布を挟むとそれだけで華やかな雰囲気のコサージュになります。

100均のラインストーンのシールなどもつかうとキラキラしておしゃれです。

一つずつシール状のところから外すのは大変ですが、外してしまえばあとはバランスよく造花の花びらにボンドで貼っていくだけです。

この手間をかけたぶんだけ豪華なコサージュになります。

リボンも輪っかにしてボンドやグルーガンなどをつかって止めるとそこにも動きがあって素敵になります。

グルーガンも100均で売っているところもありますので、お近くのお店をのぞいてみてくださいね。

グルーガンは熱くなりますのでやけどなどに気を付けて作業してくださいね。

100均にはみえないのでこれは普通に売っていたら欲しいと思ってしまうかも!

卒業式のコサージュの付け方は?

左右どちらに付けるかという決まりはないのですが
コサージュを付けるのは一般的には左胸です。

理由としては左胸のほうが向かいにいる相手から
視線を集めやすいからということでした。

左だとなんだか違和感があるなどの
特別な理由がなければ左につけましょう。
集合写真を撮るときにも、他のお母さんと
同じほうに付けていたほうがきれいですしね。

コサージュの位置ですが
デコルテから鎖骨のあたりを大体の目安にし、
好きな位置で大丈夫です。

大人な印象にしたいという方は鎖骨よりも下の
胸の位置でもいいのですが、
あまり下すぎると少し昔っぽい印象になります。
高さは加減しましょう。

コサージュを安全ピンでつける場合は、
布を大目にとって付けると安定感があります。
厚手の布を当ててピンを差し込むと更に安定します。

洋服に穴を開けるのが嫌だという方はコサージュを作る時点で、
穴を開けるタイプではなく洋服に挟むタイプにするという手もあります。

まとめ

コサージュを手作りする方は増えてきているそうです。

小学校などの服装が自由な場合には、
お母さんと娘がお揃いのコサージュを一緒に作るのも楽しいですね。

我が子の門出の日、手作りコサージュで更に思い出深いものにしましょう!

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初詣の屋台はいつまで?神社に何回も行っていいのか?

1年の初めの行事、初詣。 初詣に行くと、子供のころ、いつもわたあめを買ってもらっていた懐かしい記憶があります。 スポンサーリンク 大人になって、初詣に行くのが1月中でいいや。。。 となってしまってから …

クリスマスリースの作り方で折り紙簡単に作るには?立体にするには?

クリスマスの飾り、緑のありきたりのリースも毎年出してボロボロになってしまったし、 スポンサーリンク 新しいリースを飾ってみたいんだけど、折り紙では出来ないものでしょうか? 子供にパーツを作ってもらいな …

防災グッズの非常持ち出し袋はどうしてる?キャリーバッグ?リュック?

スポンサーリンク 防災グッズ、いざ逃げだすときは、できるだけ楽に持ち出したいですね。 けれど、コンパクトにしてしまうと、必要なものが全て入りきらなくなってしまう、という悩みがあります。 数日間それだけ …

ムートンブーツが雨で水濡れのシミができた!そんな時の手入れの仕方は?

ムートンブーツは履き午後地が良くおしゃれで、何よりも温かいですが、湿気や濡れに弱くカビやシミが付きやすい事をご存知でしょうか? スポンサーリンク しかし、雨が急に降ってきたりしてどうしても雨の影響を受 …

灯油を畳にこぼした時のしみの取り方やにおい消しの方法はどうやればいい?

灯油を畳にこぼしてしまったことはありますか?! スポンサーリンク フタをキッチリと閉めていなかったり、灯油缶を運ぶ時にこぼしてしまったりと、日常的に起こるアクシデントの一つかもしれません。 今回は、万 …