生活

お年玉って何歳から甥や姪には何歳まであげるの?相場はいくら?

投稿日:

otosidama souba
きょうだいに子供が出来て、これで私もおじちゃん・おばちゃんかあ・・・
とうれしかったり微妙だったり・・・複雑な心境。

そして新年にやってくる「お年玉どうしよう?」
生まれたばかりの子にお年玉っているの?大きな子供の場合は?などと、考えることが多いですね。

そこで甥・姪へのお年玉についてまとめてみました。

スポンサーリンク

お年玉って何歳から甥や姪の場合

甥っ子・姪っ子にお年玉を最初にあげる年齢ですが、0歳でもお年玉をあげる、という意見が結構ありました。

あまり小さい子供にお金をあげても意味がわからないのでは?と思ってしまいますが、
やはりそこは甥・姪に何かしてあげたい、という気持ちと、後は親戚づきあいの中での大人の事情、
というのも多少なりとも関係しているように思います。

あまり自分の考えを押し付けすぎて「小さいのにお金の意味なんかわかりゃしないのだからあげないよ!」
なんてやってしまうのは、親戚づきあいにひびが入ってしまう原因のひとつになりがちかも・・・。

色々な意見をまとめてみると、親やそのほかの親戚と相談して、その親戚内の相場というのを調べてみたうえで、
なるべく0歳でもある程度のお年玉は用意しておくようにしましょう。

小さい子供であれば、500円とかでもいいという意見も結構あるので、
たかだか500円を用意するかしないかで親戚の仲を壊してしまうくらいなら、用意しておくに越したことはないですものね。

お年玉は何歳まであげるの?

では、いつまでお年玉をあげればいいのだろう、という疑問についてですが、

こちらは「就職するまで(大卒・高卒にかかわらず)」という意見と「20歳まで(社会人・学生にかかわらず)」
という意見に分かれていますね。

スポンサーリンク

先ほどのいつからお年玉をあげるか、というのと同じですが、こちらも親戚の中でのルール作りのようなものをしている、
といった意見が多く見受けられました。

もちろん、お年玉というのはかわいい甥や姪に喜んで欲しいから用意するものではありますが、
親戚内でのスタンドプレーは絶対禁物。

普段のかかわり方、親戚同士の付き合いの幅などでその意見は分かれるところなので、
その辺をよく見て、心配なようなら親や相談できるきょうだいなどに相談して、
だれかを味方につけてその範囲内でするのがよいでしょう。

親戚内というのは、やらなさすぎはもちろんいけませんが、やりすぎ、
というのもまた付き合いに波紋を広げてしまう要素になってしまいますからね。大変なものです。

お年玉の相場はいくら?

甥っ子・姪っ子へのお年玉の相場について調べてみました。

大体の相場とカッコ内に最多回答金額をまとめてあります。

幼稚園 500円~3,000円(1,000円)
小学生(低学年) 1,000円~5,000円(3,000円)
小学生(高学年) 3,000円~6,000円(5,000円)
中学生 3,000円~10,000円(5,000円)
高校生 3,000円~10,000円(10,000円)
大学生 0円~20,000円(10,000円)

金額にするとこれくらいなのですが、きょうだい同士で金額の多い・少ないといったケンカになってしまう、
というのが悩みに多くあげられていました。

そちらの解決策として、

・年齢×500円、もしくは1000円(上限10,000円もしくは5,000円)とする
・年齢にかかわらず一律3,000円・5,000円とする。

と、こちらも何らかのルールを決めてお年玉をあげているところが多いようですね。
特に親戚に子供が多いところでは、ケンカにならないようにルール作りをしてあげるのが一番。
子供の数が多ければ多いほど、こちらの負担も確実に増えていくわけですから、
せっかくあげても喜んでもらえないようではがっかりですものね。

まとめ

甥っ子・姪っ子の喜ぶ顔は見たいけど、それにかかる負担も大きいのがお年玉。

親戚同士でよく相談して、お互いに負担にならない程度に楽しく新年を迎える、といったことが大切ですね。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お盆の食事はお供えと同じものを食べないといけない?家族で食べる場合も?

昨今の核家族化によって、お盆でも田舎に帰らない方もいると思いますが、お盆は 古くから伝わっている行事です。 御先祖様の魂の里帰りといいますか、うちに帰ってきて家族と一緒に過ごします。 正月休みとお盆休 …

3歳の浴衣の着せ方で子供が着崩れしないような帯の結び方は?

夏は楽しいイベントが盛りだくさん! 中でも各地に共通の夏まつりでは、夜の花火大会が一番ですね。 夜空に花開く花火と引けを取らない華やかな、女性や子供達の浴衣姿も夏ならではです。 今回は、華やかでかわい …

お盆のお供えはいつまでに送る?のしはいる?手紙をつけるとしたら?

スポンサーリンク 日本古来からの風習、お盆。 ご先祖様の霊魂が、末裔である私たちの家へ訪れて、しばし同じ時間を過ごすもの。 ご先祖の誰かがいなくなるだけで、今の自分がいないのだということを考えると、と …

白菜の浅漬けは簡単にできる?短時間で作れて日持ちもするの?

簡単で野菜が手軽に採れる漬物は 食卓に一品は並べておきたい料理の一つですね。 スポンサーリンク 特に冬が旬の白菜は、みずみずしくさっぱりとしていて サラダ代わりに出したくなります。 おばあちゃんやお母 …

寒中見舞いのはがきの種類は?どこで買うの?どんな切手を貼るの?

寒中見舞いを出す時に、同じ季節だし、年賀状が残っているし、使ってもいいの? スポンサーリンク それとも、何かルールがあるのでしょうか? はがきの種類や、切手についてまとめてみました。 スポンサーリンク