健康

インフルエンザに妊婦が感染したら薬はどうする?赤ちゃんは

投稿日:

infuninpu

毎年インフルエンザの流行がいつ来るのかと、ドキドキしてしまいますね。

妊娠中のインフルエンザ感染は心配なことが多いもの。

対処法や薬について考えてみましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザに妊婦が感染したら?

インフルエンザの流行期、感染予防に気を付けていても、完全に防ぐことは難しいもの。

しかも妊娠中は、赤ちゃんへ酸素や栄養をおくっているので心肺機能に負担がかかっていること、

つわりなどの影響で妊婦さん自身の体力も低下しているため、免疫力が落ちて重症化の可能性も高くなります。

発熱や関節の痛み、倦怠感などの症状が始まり、もしかしたらインフルエンザかもと思ったら、

まずはかかりつけの産婦人科医に電話で相談しましょう。

産婦人科を受診するか、内科を受診するかは医師の指示に従ってください。

妊婦は薬を飲めないので、とにかく安静にするしかないと以前は言われていましたが、

今は薬の安全性等の研究も進み、飲める薬も増えているようです。

特にインフルエンザウィルスは発症後48時間以内にウィルスの増殖をおさえるタミフルなどの薬を飲むと

重症化を回避できるといわれています。

早めの対応が大切です。

インフルエンザになったら妊婦は薬はどうする?

妊娠中に気を付けることの筆頭に自己判断で薬を飲まないということがあげられますね。

しかし、母体を守るために医師の管理のもと、投薬を受けたという妊婦さんも案外多いもの。

特にインフルエンザにおいては、高熱が長く続いたり、

肺炎など重篤な合併症に移行するリスクを減らすために薬が出されることも増えてきました。

タミフルは広く知られている薬ですが、妊娠中の方にも処方されることが多く、

安全性についても「日本産科婦人科学会」が次のような見解を指針として公表しています。

日本産科婦人科学会の見解

また、流行によってはタミフルが効きにくいタイプのものもあるとか。

その場合はイナビルという新薬も有効なようです。

日本産科婦人科学会 イナビル
ただし、イナビルは乳蛋白を含んでいるため、牛乳アレルギーのある方は注意が必要です。

いずれにしても、しっかり説明を聞いて納得した上での服用が大切です。

インフルエンザ流行期はお医者さんも忙しいもの。

不安なことは前もってメモをしておくなど準備をして診察してもらうといいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザに妊婦がなったら赤ちゃんへの影響は?

インフルエンザは、ウィルスが人の細胞の中でコピーされ増殖して放出され、

また別の細胞でコピーされ…と、どんどん増えていく病気です。

同じウィルス感染症の風疹などのように胎児にすぐさま影響がある病気ではありません。

胎児への感染については研究結果が少ないので、はっきりしたことはわかりませんが、

ウィルスよりむしろ高い発熱の方が危険だといわれています。

そのため、最近では妊娠中でもワクチン接種をすすめるお医者さんも増えています。

まずは予防が大切というわけです。

同居するご家族のワクチン接種も忘れずに。

特に小さいお子さんのいる家庭ではうつるリスクも高くなります。

手洗い、うがい。部屋を温かくして湿度を高く保つこと。

睡眠不足は免疫低下の原因になります。

規則正しい生活と栄養を充分取ること。

人ごみにはなるべく出かけない。

マスクを着用するなど、基本的なことを忘れずに。

上のお子さんがインフルエンザに感染した場合には、予防的にタミフルを処方される場合もあります。

まずは予防、そして早めの対応がおなかの赤ちゃんのためにも大切ですね。

まとめ

妊娠中のインフルエンザ。

小さなお子さんのいるご家庭、あるいはお仕事を続けている方など、

事情は様々ですが、まずは予防という点は変わりありません。

暖かくなるまであと少し。

手洗い、うがいで流行期を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

インフルエンザに子供がなったら会社は休める?休めない?

子供がインフルエンザにかかると本人が辛いのはもちろん、看病するお父さんお母さんも スポンサーリンク 「いつ治るのかしら…」 「いつから幼稚園や学校に行かせていいの…」 「会社はどうしよう…」 と、心配 …

花粉症対策で鼻づまりにおすすめのグッズ【タイプ別 3選】

鼻づまりや鼻みず、くしゃみなど。 スポンサーリンク 花粉症の症状はせっかくの春を憂鬱にしてしまう危険あり。 ここでは、そんな憂鬱な症状を軽くするグッズを紹介します。 スポンサーリンク

インフルエンザの薬のイナビルって授乳中でもOK?使用方法は

妊娠中や産後は体力や抵抗力が落ちてしまい、思いがけず病気になってしまうこともありますね。 スポンサーリンク とくにこのシーズン不安なのはインフルエンザ。 妊娠中や授乳中によく処方される抗インフルエンザ …

鳥インフルエンザとインフルエンザの違いって何?人へは感染するの?

毎年この時期になると流行る鳥インフルエンザと私達が昔から知っている一般的なインフルエンザの違いって何でしょう。 スポンサーリンク 「インフルエンザって結局は全部同じじゃないの?」って思っている人も多い …

オフィスで足が冷える人は要チェック!明日から出来る冷え対策はこちら!

本格的に寒い冬がやってきました! スポンサーリンク 女性の方、オフィスで働いているけど、足が冷えて仕事どころではない!という方も多いのでは? 動かない、座ったままでいると、余計に体が温まりませんよね。 …